ソリンコ ツアーバイト125
ツアーバイト125も買いました
20170615aa.jpg
ハイパーとの違いは若干硬い打感・・・それゆえのボールスピードと球離れの速さを感じます。
凄く使いやすいガットだとは思いません。常に振っていける人でないと中途半端に打った時にはコントロールしづらい様な気もします。しかし300g以上のあるラケットでシッカリ振っていける人でしたら強力な武器になるのでは?
今後は常時在庫になるモデルと言えば僕の評価の高さはお解り頂けると思います。

ここ数年、県や中国地区のトップジュニアにも張っていますのでもポリで在庫するモデルは
①現行品である事。
②世界的に認められているガットである事。
③どの会場に行っても手に入りやすいガットである事。

③のように各大会のブースで張り替えないといけない事態も考慮しないといけません。
ソリンコは②の世界的評価は十分なモデルですが国内では③に対応できないんですね。

まあ、持ち込ませれば良いんですけど。。

今後ソリンコは在庫充実していくメーカーになると思います。
[2017/06/16 23:09] | ガット情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
MAC Tools シフトノブ
サンバーくんのマットを純正の黒ゴムから黄色チェック柄に新調し明るい雰囲気♪
それに合わせてシフトノブもチェンジ
20170605a.jpg
今までは球体の形状ばかり愛用しておりましたが、シフトポジションの関係で今回は人生初の棒タイプ。

よくあるSNAP-ONドライバーグリップ流用なのです。
でも、SNAP-ON大好きな僕なのに旧グリップのカラーや形状、太さの関係で・・・・。
まさかの裏切り行為でMACを購入!

2016限定カラーのオレンジ。
20170605b.jpg
オレンジと言うよりマンゴー色、単色では無くグラデーションがかかっていてとってもいい感じ!
スナップオン好きは変らないけど現行で手に入れられるドライバーグリップはMACの方が断然オシャレだし、形状も良いデスね。

[2017/06/09 22:41] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レザーグリップの巻替(自己流)
レザーグリップにしてー! と言う注文がありました。

今回、オーバーを巻く前提なので革は厚さと硬さが良ければ安い物での良いかな?と思いネットで見繕っていると、kpiのレザーがカーフスキンだし厚さも1.5mmで1512円。
まあ、グリップにkpiの刻印があるのが僕的には×ですがラケットメーカーが販売してるレザーが良いとは思いませんし。。

交換費用をご連絡して希望を聞いたら、
イヤ、僕と同じのが良いと言われたので!
20170530f.jpg
レザーといえばコレが最高峰でしょう!FAIRWAY

自分がレザーを巻くのが上手いとも思いませんが、ネットで酷い仕上りのラケットを見たことあるので今回は完全自己流の巻き方ではあるんですが書いておきますね。

まず古い元グリを外して両面テープを貼ります
20170530d.jpg
昔のラケットのウレタンはこの方法でも貼れましたが、最近のウレタンは全く接着出来ないものが多いです。
純正(新品販売時)は両面粘着フイルムが筒状になってる様な物で接着してありますからね。

そんな場合、両面テープ(少し幅広)をグリップテープの様に2mmほど重ねて巻くことで純正と同じ様な形状に出来ます。この場合薄手のテープが好ましいでしょう。
20170530c.jpg

あとはレザーを巻いていきますが最初にクセ?を付けておきます。
20170530e.jpg
一番上は買ったままのレザー
一番下は今まで巻いてあったシンセティックレザー
使用していたレザーの巻き始めは凄くカーブしていますよね。いままでグリップの形状に合わせて巻いてあったからです。
レザーはオーバーグリップやシンセティックレザーの様には伸びませんのでいきなり巻き始めてもシワや重なりが出やすいので綺麗に巻けません。
ですので真ん中の様に少し革を伸ばしいてから巻き始めます。

あと通常グリップを巻くときには純正だとホッチキス、リプレイスメントだと釘を使ってスタートを固定しますが、僕はホッチキスは取り除き釘も打ちません。釘を打たなくてもしっかりと巻けば問題無いと思っているから。

とにかく最初はフルパワ―で引っ張りながら巻き始め、と言うか終始強めの張力をかけて巻きます。
ポイントはレザーの重なりの間隔と張力。レザーといえど引っ張れば幅が狭くなりますので常に一定の力加減で。あとレザーの重なりですが、コレも好みがありと思います。

昔の僕はレザーが綺麗に真っすぐでないとイヤだったのでグリップに段差が無いように巻いてました。
最近はほんの少しだけ感覚を開けて重なりの間が少しだけ凹む仕上がりが気に入ってます。
何故かと言うと微妙に細く感じるからと、引っかかりが出来るから。

今回も元グリップより太く感じない様この感覚で巻いてあります。
20170530b.jpg
また出来れば2本同時に出して!
とお願いしたのは巻き始めや重なりの間隔をバッチリ合わせたかったから。
特に巻き始めの部分はシビアに合わせていきます。2本に差が無いように巻くので残りのレザーも同じ位残りました。

レザーでプレーするならFAIRWAY以外考えれないですがオーバー巻くなら他のでもアリですけどね
問題は厚さ、硬さ、角の出方など微妙ですが差はありますのでお好みのレザーを
でもどちらかと言うと太くなるレザーが多い気がします。

そうそう気になる交換費用ですがネットで注文したレザー購入代金のみです。ご自分で用意してくれて大丈夫。
この作業は少しだけ神経使いますが交換工賃なんでいりません。グロメット交換も同じです。

手持ちの両面テープが減るのと、強く引っ張るので右の指が痛むのが辛いですけど・・・

やっぱりオーバーを巻く前提でもショップオリジナルよりFAIRWAYの方が見た目や所有感が別格ですね。
[2017/05/31 23:31] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム | 次のページ>>