プリンス BEAST(ビースト)シリーズ第一弾
遅くなりました、先月BEASTの試打が来てたので少し打ちました。
モデルはBEAST100(280g)(300g)、BEAST O3 104(280g)
20171105a.jpg
外観の印象は普通。
なんかこうニューラケットだぞーと言うカラーリングにならないものか?
色さえ良ければ一気に購入意欲が沸き上がるんですが・・・。

テキストリームにトワロンを加えた新テキストリーム。
どのモデルも印象は振動が少ない!これが今回一番目立った印象です。

テキストリームを使用したハリアーも相当振動吸収が良くなったと思いましたが今回はそれ以上。
逆に言うと振動以外は大きく変化は感じられないのでハリアーからの買換えも違和感ないかと思います。
*余談ですがここ最近試打に張ってあるポリ、ハリアーレスポンス(2916円)
嫌いだわー。打球音が悪いしどこも秀でたトコ無いです。色も全くダメです(写真一番下)
なぜゆえに推しているのか分かりませんが普通にツアーXCやXPの様なポリを張って欲しいですね。


僕がお気に入りであり一般プレーヤーにお薦めなのはやっぱり BEAST O3 104(280g)
20171105b.jpg
104で穴あき280gは本当に使いやすいです。男性、女性問わずお薦め。
女性でナイロンマルチ、モノを45~48ポンド位で張るのが黄金セッティングかと。
テニスが楽になりますよ。
さらに今回の新モデル、このO3だけ打感にも大きな変化を感じます。
Oボートのグロメットが無くなったのでデザイン性が向上しているのと、打感のレスポンスがかなり良い!
大きな進化だと思いますね。

次買うならヘッドかバボラのラケットでハイパーGをと思っておりましたがヤッパリO3から離れられないかも?
春には大本命のBEAST O3 98が出るので期待してます。
今回はクロスが20本になってますのでどう仕上がってきてるのか楽しみ。
[2017/11/07 14:16] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
指導者の差
小さいころからテニスをやってて良かったなぁー

と思える事が出来るのには、優れた指導者に出会えるかが大きく影響してると常々思う。
指導者と言ってもテニスコーチもいれば学校の顧問の先生もおられます。

僕が行く出雲市のコートでたまに目にする光景ですが。
高校の部活動、県内で強い高校では無いんだと思いますげど顧問の先生の指導があまりにも幼稚。
怒鳴る、なじる、馬鹿にするような言動。
それでいて技術面での指導は僕が見てもレベルが低いし、それ違うんじゃね?と。。

近年、部活動の顧問の先生の待遇についてニュースやらで問題になっていますね。休日や業務外も部活動の為にほぼ私生活を注ぎ込んでる先生も多いとの事。大変だと思います。

ただ、学生も大事な青春の時。

自分が指導者として携わるなら、技術やレッスンの勉強をしてより良い指導を目指して欲しい。
それが難しいなら、外部のコーチや社会人、大学生にサポートをお願いするとか、自分も生徒と同じ目線で上手くなるために一緒に考えてやるとか、もう生徒の自主性に任せるとか。。
結果、テニスが上手くならなくても社会に出たときに大事な礼儀だとか、自分を表現する事、様々な人間力を養われる事になるんだろうと思います。
これはテニスに限らず、全ての部活動全般に当てはまる事でしょうね。

前置きが長くなりましたが今回はグリーンの柏井コーチのブログ記事をご紹介します。
随分前に作られた文章ではあると思います(強化合宿等での講習テキスト抜粋でしょうか)

グリーンテニススクールは決して大きなスクールではありませんし、テニス人口も少ない田舎にあります。
世間の声として、
錦織圭は元々凄かった!たまたま子供の頃に通っていたスクールのコーチというだけだ。
と言う声があるのかも知れません。

そう、圭君は特別であったと思います。
ただ、圭君の前も後も県大会レベルでなく、中国、全国レベルで勝てるジュニアが何人もいる事実があります。
咲良に関しては細木コーチによるものが特に大きいですが、今や世界大会の選手です。
全国のジュニアとコーチの人数から考えると、グリーンの指導力は飛びぬけているという事。

そんなスクールのグリーンテニススクールbiogより。

正樹コーチの『試合って何』 ~その1~
http://greentennisschool.blog.fc2.com/blog-entry-61.html
正樹コーチの『試合って何』 ~その2~
http://greentennisschool.blog.fc2.com/blog-entry-67.html
正樹コーチの『試合って何』 ~その3~
http://greentennisschool.blog.fc2.com/blog-entry-68.html
正樹コーチの『試合って何』 ~その4~
http://greentennisschool.blog.fc2.com/blog-entry-82.html

とても参考になると思います。

[2017/10/25 14:29] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
先週の試合
先週末は久しぶりの試合、県団体戦に参加してきました。
高校生やジュニアのチームも多く参加していたので凄い参加人数でしたねぇ。
会場では僕がお預かりしているジュニアのプレーも見れたりして良かったです。
そう、遠征のお土産なども頂いたり、いつもお話しできない保護者の方ともお会いできました。

これだけ人数がいて僕がサポートしているのは数人なんだから他の子はどうしてるんだろうと思うところや、ラケットとガットのチョイスが悪いのかスイングがとても良いのにスピードやスピンの掛かり方がイマイチの子がいたり。。
そんな子は300g切るラケットにポリを硬く張ってる感じでしたね。


ウチのチームは当日の参加人数に不安があったので、各チームのトップ戦力が揃うカテゴリーの大会ではない方にエントリーしましたが細木コーチのおかげで優勝という事になりました!
20171018cc.jpg

とオジサン達がゆるーくテニスをしている中、岡山ではRSKの全国大会に出場している陽太くん。
20171018aa.jpg
全国選抜32名中、11位で大会を終えたという結果報告。
素晴らしい成績ですねぇ!順位決定戦では全国トップ選手にも勝利して!
小柄でサウスポーだし、島根のリョーマ君てところでしょうか。

今日、わざわざ報告とお土産持ってきて来てくれました。
20171018bb.jpg
大会前にガットの微調整をした甲斐があったのかは分かりませんが、気になる事はすぐに言って貰って万全の用意で大会に臨んでくれたらと思います。


[2017/10/19 00:53] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ウイルソン ケイオス オムニクレー
久々に自分のテニスギアを買いました。
旧モデルのプリンスシューズが僕のフットワークでは減らないので、なかなか買い換えれませんでしたがいい加減新調しようかと。
*そーいやバボラの安売りシューズプロパルスBPMも買いましたけど全然ダメですぐ人にあげちゃった。

今回選んだのはお初なメーカー ウイルソンです。
2017年モデルなので特別安売りでは無かったですがデザインとカラーにビビッときたので。。
20170925a.jpg
一番のお気に入りがカラー。ハワイアンオーシャン×ブラック という素敵なネーミング。
僕の巾は普通かと思いますが、足の甲や指先が低いのでそのあたりのフィット感が良いシューズが好みです。ウイルソンってそこらへんが狭いんですってね期待大です。

巾はE相当という事でもしかすると狭すぎるのかと心配しましたが、僕にはジャストと言うか少し余裕かも。ディアドラ、アディダス、プリンスと26.0cmを履いてきましたがウイルソンも変わらず26.0cmで問題なさそう。
巾は狭いかもしれません、でも素材が伸びるので窮屈ではないですね。踵も浮かないし久々に買い替え大成功っぽいです!
[2017/09/26 00:37] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
2017USオープンでの出会い
USオープン終わりましたね。
男子はナダル、女子はノーシードのスティーブンス。復活とチャレンジャーの勝利となりました。

2017年のUSオープン、僕の中では違う事で記憶に残る大会に。
このブログでも良く取り上げさせて頂く咲良ちゃんのUS初挑戦であったのはご存知だと思います。
結果は惜しくも予選突破といきませんでしたが、話を聞くと惜しい試合だったと。

USに出場するという記事、以前から専門的なコメントを頂いているNYC在住さんから有難いお声を掛けて頂いておりました。

細木コーチにもし現地で会ったらよろしく伝えておいて!
って感じだったんですが・・・・。

カナダの会場から、NYCさんに聞きたい事あるかも?
ってLINEあったので連絡をさせて頂いたところ。。

環境の整った快適な宿に練習コートまで早急に手配して頂いたそうなんです!
*いやコレ凄い事ですよ。大会が始まってますからね。

それに前回掲載した咲良の写真。実は30枚ほどあります。
各方面(学校、スクール等々)で使わせて頂いているプレー中の写真は全てNYC在住さんが撮影して下さったものです。

あとで聞いたらとても普通のカメラでは撮れないコートだったらしく、USTAナショナル・テニス・センターを知り尽くしたからこその機材と経験が必要な撮影だったと推測します。
又、試合中も沢山声援を送って頂いたそう。

コーチからはNY滞在中にも頻繁にNYCさんのおかげで助かってる!という連絡をうけていました。


僕は驚きと感謝しかありません。
今回の件以上にこのブログを書いていて良かったなぁーと思う事は今後無い気がします。
フラッシング・メドウ、USオープンの大舞台で身近な選手とコーチが僕のブログでご縁があった方に手厚くサポートして貰う事なんて思いもよらなかったです。

NYC在住さんにはメールでもお話はさせて頂いておりますが、今一度、感謝とお礼を申し上げます。
この度のご厚意、本当にありがとうございました。




USオープン、今度はプロとして挑戦してくれる日がきたら嬉しいですね。
20170913.jpg
[2017/09/14 01:26] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>