咲良のオーストラリアンオープン
咲良のAustralian Open Junior

今回の大会は色々なプレッシャーがあったと思います。
それは3月にプロ転向を発表し、支援者や応援してくれる方々に良い報告をしなければ。。
コーチである父親や家族にも同じプレッシャーあったでしょう。

シングルス、今までも4大大会Jr出場しているんですがどうしてか予選が勝てなかった。
他の大会ではそれ以上の選手に勝っているのに。

今回は最後のJr、今までの嫌なイメージあったかもしれません。
でも今回の予選、1回戦、2回戦とも快勝!

この調子だと本戦も勝ち続けると期待していました。。
ただ、いきなり1シードXinyu WANG(中国)との対戦ということでドロー運が悪かった。
動画で対戦相手チェックしたけど、182cmの長身ビッグサーバー。ストロークもパワフルでネットも上手い。

ただ僕は昨日の時点で、それでも咲良勝つと思う!と本気で思っていましたけどね。
いくらランキング上位者でも咲良の様なプレースタイルと球種は特別なので相手がハマれば十分勝機はあると思うんです。

結果
咲良 ー Xinyu WANG① 1-6 4-6
で負けましたが、2セットは4-1とリードする場面もあり一方的な試合では無かったという事です。
このレベルの選手にも今後は十分勝機はあると感じさせてくれます。

ダブルスも同日
こっちも初戦2シードを引き当てるという快挙!
*どうしてここで1シード、2シードと連続で引き当てる?どーなってんの?

結果
咲良・BHAN ー Simona WALTERT・Xiyu WANG ②
1-6 6-7(2)
初ベアのインドの選手と臨んだダブルス。
こちらも2セット目から調子が上がってきたようですがタイブレークを取り切れなかったのが惜しい。

これからプロとなるならばどうしても結果を求めれれると思う。
でもね、今回のオーストラリアンオープンはこれでも十分な成果。

僕らの応援はここ2,3年の話ではないんで。。
身近な人や今後広がる支援はもっと先。咲良のテニスプレーヤーのピークに向け、そして現役を続けるかぎり応援してるから。
圭くんも今はケガで苦しんでいると思うけど最後まで応援してくれるのが本当のファンです。

お疲れ様でした。
今回は始めて家族全員で向かわれたたので十分楽しんで帰ってきてちょーだいね。

t20180122aa.png

[2018/01/22 00:34] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
☆プロテニスプレーヤーの誕生☆
本人からの発表や、スポンサー様のご都合もあるだろうと
大規模な発表があるまで沈黙しておりましたが。

今年から咲良ね、いや細木咲良選手

プロテニスプレーヤーとして世界へ挑戦!!


高校卒業後から本格的な活動に入るようです。
現在は最後のジュニアトーナメント。
全豪オープンJrに出場の為、オーストラリアへ。
今週は前哨戦のTraralgon Junior International。

また写真でも送られてきたら現地での様子をご報告いたしますね。

もう各方面からサポートもあるようですし、後援会の設立の発案もあるとの事。
個別に応援するよりは後援会を通じた方が気兼ねないでしょうから発足の際には是非参加させてもらいたいです。
とは言っても個人的にも最大限の応援しますよ!

ここ最近地元のテレビ、新聞で報道がありましたが島根、松江市には関係無くてもこのブログで咲良を知って下さる全国の皆さまにご報告でした。今以上に全国を周る事になると思うので見かけた際には応援してあげて下さいね。
簡単ですがまだ本格始動ではありませんので今回はこのへんで。。

*期間が経つと見れなくなると思いますが、記事をリンクしておきます。
http://www.asahi.com/area/shimane/articles/MTW20180109331480002.html


[2018/01/10 19:29] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ラケットチェンジ BEAST100
ラケットを支給してもらえるので次回からはこのニューモデルを使うようです。
ビースト100 300g
20171204.jpg
デザインはフレームの内側が艶あり塗装になっているトコ、良いんでないかしら。

僕も少しだけ打ちました。
うーんポリを張ってもマイルド!振動吸収が良く、掴んで飛ぶ感じです。
*んん、緑のガットのせいかしら?
前の使用ラケット(HARRIERPRO100XR-M)より重いので純粋に比べれませんがマイナスの要素は無いと思います。
しいて言うなら優等生すぎるのが物足りないかも。
僕なんかはもう少し球離れが早いモデルが好き。そうなるとツアーバイトにするのかも?

週末、ニューラケットの調子を見ようと時間があったのでMUFG県予選を見に行きました。
翌日の4名を決める最終戦ベスト8の時点、4コートにそれぞれ僕がお預かりしている4名の選手。
最終予選には2人進んで翌日の本戦では2位と3位という結果。
久しぶりにサポートしている子達のプレーをしっかりと見れたのも良かったです。
しかしみんな強いなぁ。


最終予選の日曜は同じコートでグリーンテニスの親睦テニス大会がありまして。
今年も咲良は一緒にプレーしてくれました。

天候が悪かったのでエキシビジョンの試合が出来ませんでしたが来年もでてくれると嬉しいです。
男性陣の夜の打ち上げは久々に大騒ぎ!
楽しい一日となりました。
[2017/12/14 14:54] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
バリケード 2017 OC
前回買ったウイルソンのケイオス・・・・・どうもシックリこなくて。
どうも26.0cmが大きく感じる。
運よく購入金額の半分で引き取ってくれる人がいたので買い直すことができました。ヤッター!!

ここでやっと気が付いた。
今まで26.0cmを履いてきたけど近年、僕の足が小さくなったのか元々サイズのチョイスが悪かったのか?
25.5cmがジャストではないのかと。
*うーん昔ヨネックスやディアドラの25.5cm全然入らなかったけどなぁ。老化なのか?

ケイオスに限っては明らかに0,5ダウンでジャストなんですが、なんか同じの買うのも悔しい。
あと柔らかい感じよりも少しカチッと感が欲しくなりウイルソンのラッシュプロ2.5にしようかと思っていたところ、お店でバリケードの型落モデル25.5cmが履けてしまったので。。

今年のモデルで挑戦 バリケード 2017 OC
20171206.jpg
思い起こせばバリケード、通算3足以上は買っているものの毎回痛くなって断念。
あと踵が少し浮く感じもあった・・・硬いシューズだからだと思っていたが思い起こせばサイズが大きかったんだろう。
*でも横はかなりジャストだったんでけどなぁ。

紐を相当緩めなくては履けませんでしたがこれが正しい履き方なんだと思います。
足先は当たる事も無く、踵はもうバッチリ。

ただ少し横幅で少し当たるところあるなぁ。それでも2時間使っていたので大丈夫な気がします。
もうカッチリ感は最高レベルのシューズですね。あと素材の質感も気にいってます。
なんとかこれで慣れてくれると嬉しいんですけどね。

なんか毎回少し高い時に買って、数週間後にセール価格になっている様な。
シューズ選びって難しいです。
[2017/12/09 03:01] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プリンス BEAST(ビースト)シリーズ第一弾
遅くなりました、先月BEASTの試打が来てたので少し打ちました。
モデルはBEAST100(280g)(300g)、BEAST O3 104(280g)
20171105a.jpg
外観の印象は普通。
なんかこうニューラケットだぞーと言うカラーリングにならないものか?
色さえ良ければ一気に購入意欲が沸き上がるんですが・・・。

テキストリームにトワロンを加えた新テキストリーム。
どのモデルも印象は振動が少ない!これが今回一番目立った印象です。

テキストリームを使用したハリアーも相当振動吸収が良くなったと思いましたが今回はそれ以上。
逆に言うと振動以外は大きく変化は感じられないのでハリアーからの買換えも違和感ないかと思います。
*余談ですがここ最近試打に張ってあるポリ、ハリアーレスポンス(2916円)
嫌いだわー。打球音が悪いしどこも秀でたトコ無いです。色も全くダメです(写真一番下)
なぜゆえに推しているのか分かりませんが普通にツアーXCやXPの様なポリを張って欲しいですね。


僕がお気に入りであり一般プレーヤーにお薦めなのはやっぱり BEAST O3 104(280g)
20171105b.jpg
104で穴あき280gは本当に使いやすいです。男性、女性問わずお薦め。
女性でナイロンマルチ、モノを45~48ポンド位で張るのが黄金セッティングかと。
テニスが楽になりますよ。
さらに今回の新モデル、このO3だけ打感にも大きな変化を感じます。
Oボートのグロメットが無くなったのでデザイン性が向上しているのと、打感のレスポンスがかなり良い!
大きな進化だと思いますね。

次買うならヘッドかバボラのラケットでハイパーGをと思っておりましたがヤッパリO3から離れられないかも?
春には大本命のBEAST O3 98が出るので期待してます。
今回はクロスが20本になってますのでどう仕上がってきてるのか楽しみ。
[2017/11/07 14:16] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム | 次のページ>>