USオープンに向けて
失礼しましたmm。
昨日の咲良の記事があまりに弱すぎました。ゴメンナサイ

昨日、咲良ママから、
今日夕方のニュースでダンナと咲良が出るらしい。
と聞いていたのでチェックしておりましたらシッカリと放送されました。

内容として。
一つ目、インターハイには出場しないこと。
身近な人は知ってましたが地元の人はガッカリするのかも?
そりゃー去年の優勝者今年はV2を期待してしまうところでしょう。。

でもご安心ください。
2つ目、USオープン予選に出場できることが濃厚。
昨日報告したChina junior G2 優勝によってランキングが116位となり確実っぽいらしいです。
そうなると今年のオーストラリアンオープンに続いて2度目の4大大会挑戦となるわけであり応援のレベルもMAXになる訳であります。
20170714B.jpg

いやー楽しみ。
しかし咲良ぐらいではないのかな?こんな田舎を拠点にしたままこの成績をたたき出している選手は。
本人も積極的に頑張ります!とコメント。

で、問題のお父さんコーチ(笑)どんなコメントするのか?と思ってたら一言も喋らせてもらえず。

今回はITFツアーでお世話になっている沢田コーチがメインでインタビューに答えておられました。実は沢田コーチのお顔を拝見するのは初めて。海外遠征の時にお世話になってるとか。
20170714A.jpg
画面にも出ていますが、
ズバリ、本選出場の初戦突破の可能性は?という問いに。

あると思います。咲良の球は打球が揺れるというかサッカーの本田選手の無回転ボールのような、そんなイメージのボールが毎回飛んでくるので相手は大変やりにくいと思います。


とコメント。

そう、昔からそう!咲良のフラットストロークはそんなボール。
(テニスをしない人だと本田選手の例えは分かりやすいかも)
クレーやオムニより球足が速くなるハードコートだとさらにエグイ球になるからなぁ。
相手は空中での球の伸びに困惑し着弾地点を見誤る、さらに予想以上に伸びてくるので自分のテニスをさせてもらえない。
さらに小さいころから父親、細木コーチの想像を超えてくるゲームメイクとショットにより、勝つためというか自分が楽しめるポイントを押さえつつ天才的にショットの選択やコースに打ち分けてくるから調子が上がると手が付けられない選手になってる。

今度のUSに関しての動向は注目していきますので出場の際はフルパワーの応援お願いします。




あと、僕のブログとして言うことがありました。
ガット張りね。。
咲良のストリンギングは基本グリーンテニススクールのGM-1400、細木コーチが張ってます。
もし咲良のガットを近隣のショップが張ってたら大変な事でしょうね(宣伝が・・)
インハイ優勝、世界ツアー大会優勝3回、オーストラリアンオープン予選出場、現在世界ランク116位ですから。
でもコーチ曰く、普通に張ってるだけだよ!って感じ。
同じクオリティーで張るならグリーンで細木コーチに張ってもらってちょーだい!
でも成績残せないのガットのせいにはできないぞ(笑)
[2017/07/14 21:50] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
EXO3グロメット交換
僕が使ってるプリンスラケット(シャーク系)で何本か目撃するんですがスロートのグロメットの端が割れてしまいう事があります。
今だと98XR-Jなんかも材質違うけど同じ症状あるようです。

欲しいのはスロートのグロメットだけ。でも単バーツでの販売は無いので当たり前ですがフルセットの交換になります。 EXO3用は高いので2000円位。。
20170521a.jpg

普通のラケットと違ってEXO3のグロメットを外すには工具があった方が早くて傷がつきません。
昔グロメット交換できるモデル(O3レベルやグラファイト)に付いてきたT型ブラスチック製の物を今も使用します。

外すとこんな感じ。
20170521E.jpg

トップの塗装剥げもカーボンシールを張り直して完成。
20170521c.jpg

とっても綺麗になりました!
このモデルは色々と不具合も多かったです。このグロメットが割れる件、トップやスロート(ブリッジ)の文字が簡単に取れる件、あとシャフトの部分の塗装にはほぼ亀裂が入ります。ハードヒッターなら100%。
塗装の素材が悪かったのかなぁ。
でもこの色が良くて買ったのでプリンスさんにはまたチャレンジしてほしいです!今のテキストリームのカラーは暗くて。。
メタリック系の明るいド派手なの。。だってプリンスはUSAでしょ?

最近ポリ単張りで使えるラケットも欲しくなっていましたが2本ともグロメット替えたのでシャークをもう少し使おうと思います。




*週末のコート、チームのみんなに咲良から中国遠征のおみやげ。
20170521d.jpg
ITF China junior7 シングルス優勝
1回戦6-1 6-0
2回戦6-0 6-0
3回戦6-2 6-2
4回戦6-1 6-1
準決 6-1 6-4
決勝 6-0 6-1

決勝も1シードに6-0 6-1って。。

さらに
ITF China junior8 ダブルス準優勝

と素晴らしい成績で帰ってきたかと思えば、今週はインドに飛ぶんだって!
[2017/05/22 01:12] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
ソリンコ ツアーバイト感想
ソリンコのガットについて色々とご助言頂きありがとうございました。
とりあえずハイパーGを買おうと思っておりましたが今晩ツアーバイト125を試打できたので。

ピュアドラ2015に51ポンド。
今までポリツアー125、ポリツアースピン125、レッドコード125と張ってきた若くスイングスピードの速い持ち主の感想。
凄くスピンがかかるし、食いつきが良い!と好印象でした。

僕も少し打たせて貰いましたが同じ感想です。
コレかなり良いかも知れません。ピュアドラってこんなに良いラケットだったのか!と思うほど。
初速が早くて最後にスピンで落ちる。ブラストっぽい感じもあります。
レッドコードはモチッとして重さを感じる打感(振ってる時)なので、球離れの感覚が違いますね。

今の125で満足ではあるが120と細くするとどうなるのか?
もうハイパーGを買おうと思っていたのにバイトがこれだけ使えそうだと悩んでしまいます。
たぶんアレです。
ソリンコを数種類入れたらまた不良在庫が増えちゃうんだろうなぁ。と分かってはいるんですけどね。



珍しく写真を載せない記事を書きました・・実は。。(涙
今年の1月に替えたばかりのiphone7plusを落してしまい見事にガラスが割れちゃって。
2年おきに買い替え、その都度アップルケアに入っていましたが6年間1度も使わなかったので
今回はもう要らないだろう?と思いはずした途端に割れるとは。

高額な修理費16800円or39800円
の請求待ちでソリンコ購入計画が頓挫しそう。。
[2017/04/11 00:30] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
プリンスのファントム
少し前に打ちました。
プリンスの新製品、PHANTOM PRO 100 XRとPHANTOM 100 XR-J
20170323a.jpg
見た目はなかなかカッコイイ!!

最初、穴なしのプロ100を手に取ったんですが案外気持ちよく打てました。
予想より飛ぶし、振動が少ないのが意外でしたね。

やっぱり興味をそそられるのは穴あき100XR-J。
ホールド感あるし、それ以前に16.5mmのフレームが斬新ですよね。
今の時代にこの薄さ。。そういえば昔ウイルソンでメチャクチャ薄いラケットありましたね。
スピンなんとか?でしたっけ??
それ以来の衝撃です。

20170323b.jpg

前に販売されているツアーグラファイトの100や95と比べるとコチラの方が断然良いと感じる。
まぁ、ガットにもよるんで一概には言えませんけど。

試打を終えて自分のシャークに持ち替えると・・・・やっぱこのラケットは使いやすい。

僕がラケット買い替えるなら同じ形状の98XR-J系かなぁ。。
[2017/03/24 00:22] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
LUXILON エリートドライ
販売前から気になっていた商品、ルキシロンのドライグリップ買ってみた!

LUXILON GRIP ELITE DRY
220170312a.jpg

グリップは FAIRWAY派の僕でしたが夏場のオーバーグリックは必需。
最近やっと感触に慣れ、トーナドライを通年使用しております(元グリはやっぱりFAIRWAYね)

でもトーナのドライ耐久性メチャ悪いんですね。2,3回で表面が剥げてくるんです。
円高の時は比較的安く買えてた気もしたんですが、最近は結構なお値段で。。

この新製品はドライグリップなのに耐久性大幅UPらしいので期待せずにいられない。


早速巻いてみるんですがこの巻き始めの両面テープ?
20170312b.jpg
これがあると剥がすときにレザーが痛んでしまうし繰り返すと凹んだり、シール残りで盛り上がったり。
僕は嫌いなのでちぎって捨ててます。



トーナとの比較
20170312c.jpg
うーん色味はやっぱりトーナのブルーが好きかも?
今後トッププロが使用していくならこのグレーもカッコよく思えるなかなぁ。

で肝心の使用感ですが、やっぱりトーナと比べるとギュッと握りこんだときの感覚は違います。
最初はあーイマイチかも?と思ってたんですが案外慣れてきて不具合無く使えてしまった。

今日で2回目の練習でしたがまったくへタってないのは凄いかも!
これは夏の汗ダラダラの時の救世主になるのかもしれませんね。

トーナの最初を100点とするとルキシロンは80点。
ただ80点がずーっと続くならこれは凄い!!

他のドライグリップも使った事あるんですがここまでトーナに近づいたグリップは無かったかなぁ。
カチッとしたダイレクト感があった方が好みなんで、フワフワの感触は嫌いです。
ルキシロンはトーナよりほんの少しだけソフト感ある程度、案外カッチリ巻けます。

理想はガスケの様に頻繁に巻替えれるならトーナ。(頻繁過ぎる?)
経済性と安定の品質ならルキシロン。

僕はどーしょっかなぁー?
まぁ悩める位エリートドライは使えそうなグリップでした!
[2017/03/14 00:10] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム | 次のページ>>