最近メチャ早いね&China junior G2優勝
ジュニアの張替えですが張替え頻度が一番多い子。
今年の3月にポリツアースピン125のロールを使い始めて5月末に終わり。
6月には2ロール目。現在もう6張り分消化しております(汗
20170712aa.jpg

しかも全て角切れではなくスイートスポットでブチ切ってくるんで素晴らしい!
ポリツアースピン、耐久性悪くは無いはず?ですが。。

たぶんこの頻度で張り替えるなら、経済的に自分で張る選択になるんだろうと思います。
ただ僕の工賃だと小中高と張りに出しても、20万のマシンを買うより遥かに安いからなぁ。

どちらかというとポリツアースピン、ほんの少し時間をかけて張ってます。
スピード上げて扱うと捻りが出やすいので出来るだけ丁寧に。
張り手やマシンの差が出やすいガットだと感じますね。

そう、昔は良く切れるんでポリでも130、135を張ってるという子よくいました。
親がね。ウチの子良く切れて困るとか、ストリングの目が細かいラケットに替えさせたり。
でもそれはベストな選択ではありません。
自分で分銅でも良いからマシンを買うか、僕みたいなのを見つけるか。

僕が張る子はポリは125がほとんどですね。
良く切れるってことはそれだけボールにパワーを伝えれてるという事。
切れても良いんです。ガットなんて自分で張ればそんなに高い物ではありません。

もうすぐインターハイ。このガットで頑張ってきてほしいです!




*そう咲良またITFサーキットで優勝したんだって
China junior G2 シングルス優勝
g20170711b.jpg
ランキング 180→116位にジャンプアップ



[2017/07/13 01:34] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
EXOグロメット弱点
自分のグロメットも同じ症状で交換ましたが先日張り替えたラケットも。
一番端の部分がパックリ割れてます。
20170703b.jpg
拡大。
20170703d.jpg
黄色の部分は本来見えてはいけない部分(割れた断面)です。
このまま張るとグロメットの割れの間を通ってフレームダイレクト。EXO3は特に角がキツイ場所に当たりますのでガットの破損は勿論100%打球感に影響がでます。
対策としては新品のグロメットに交換なんですがこの部分だけで良いのに2000円強費用がかかっちゃう。

プリンスさんこの部分の弱さ認識してると思うんだけどなぁ。
たぶん僕のシャークの時代からグロメットとフレームの間に振動吸収材を挟んでいることで余計に割れやすい気もしますが。。
現行モデルでこうなので改善してくれるといいですね。もしくはこのパーツ部分だけでも500円位で売って欲しい。
もし、EXO3を中古で買う時には要チェックです。

ちなみにこちらのラケット、前回まで他所で張っておられたのでこの症状のまま無情にもフレームダイレクトで張りあがっておりました。今回は数日後に試合という事なので簡易な対策で。。また交換しましょう!
20170703a.jpg
[2017/07/04 20:14] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
レザーグリップの巻替(自己流)
レザーグリップにしてー! と言う注文がありました。

今回、オーバーを巻く前提なので革は厚さと硬さが良ければ安い物での良いかな?と思いネットで見繕っていると、kpiのレザーがカーフスキンだし厚さも1.5mmで1512円。
まあ、グリップにkpiの刻印があるのが僕的には×ですがラケットメーカーが販売してるレザーが良いとは思いませんし。。

交換費用をご連絡して希望を聞いたら、
イヤ、僕と同じのが良いと言われたので!
20170530f.jpg
レザーといえばコレが最高峰でしょう!FAIRWAY

自分がレザーを巻くのが上手いとも思いませんが、ネットで酷い仕上りのラケットを見たことあるので今回は完全自己流の巻き方ではあるんですが書いておきますね。

まず古い元グリを外して両面テープを貼ります
20170530d.jpg
昔のラケットのウレタンはこの方法でも貼れましたが、最近のウレタンは全く接着出来ないものが多いです。
純正(新品販売時)は両面粘着フイルムが筒状になってる様な物で接着してありますからね。

そんな場合、両面テープ(少し幅広)をグリップテープの様に2mmほど重ねて巻くことで純正と同じ様な形状に出来ます。この場合薄手のテープが好ましいでしょう。
20170530c.jpg

あとはレザーを巻いていきますが最初にクセ?を付けておきます。
20170530e.jpg
一番上は買ったままのレザー
一番下は今まで巻いてあったシンセティックレザー
使用していたレザーの巻き始めは凄くカーブしていますよね。いままでグリップの形状に合わせて巻いてあったからです。
レザーはオーバーグリップやシンセティックレザーの様には伸びませんのでいきなり巻き始めてもシワや重なりが出やすいので綺麗に巻けません。
ですので真ん中の様に少し革を伸ばしいてから巻き始めます。

あと通常グリップを巻くときには純正だとホッチキス、リプレイスメントだと釘を使ってスタートを固定しますが、僕はホッチキスは取り除き釘も打ちません。釘を打たなくてもしっかりと巻けば問題無いと思っているから。

とにかく最初はフルパワ―で引っ張りながら巻き始め、と言うか終始強めの張力をかけて巻きます。
ポイントはレザーの重なりの間隔と張力。レザーといえど引っ張れば幅が狭くなりますので常に一定の力加減で。あとレザーの重なりですが、コレも好みがありと思います。

昔の僕はレザーが綺麗に真っすぐでないとイヤだったのでグリップに段差が無いように巻いてました。
最近はほんの少しだけ感覚を開けて重なりの間が少しだけ凹む仕上がりが気に入ってます。
何故かと言うと微妙に細く感じるからと、引っかかりが出来るから。

今回も元グリップより太く感じない様この感覚で巻いてあります。
20170530b.jpg
また出来れば2本同時に出して!
とお願いしたのは巻き始めや重なりの間隔をバッチリ合わせたかったから。
特に巻き始めの部分はシビアに合わせていきます。2本に差が無いように巻くので残りのレザーも同じ位残りました。

レザーでプレーするならFAIRWAY以外考えれないですがオーバー巻くなら他のでもアリですけどね
問題は厚さ、硬さ、角の出方など微妙ですが差はありますのでお好みのレザーを
でもどちらかと言うと太くなるレザーが多い気がします。

そうそう気になる交換費用ですがネットで注文したレザー購入代金のみです。ご自分で用意してくれて大丈夫。
この作業は少しだけ神経使いますが交換工賃なんでいりません。グロメット交換も同じです。

手持ちの両面テープが減るのと、強く引っ張るので右の指が痛むのが辛いですけど・・・

やっぱりオーバーを巻く前提でもショップオリジナルよりFAIRWAYの方が見た目や所有感が別格ですね。
[2017/05/31 23:31] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
まさかお店では無いよな?
人伝いに預かったピュアアエロ。持ち主は学生さんらしい。

ガットは外してあったけどすぐに気付いてしまった。
20170417a.jpg

ズームイン!
20170417b.jpg

これが意味することは・・・もうお解りですね。
最近のバボラはピュアドラ含めクロスのグロメットには規則性を用いていて確認して張らないといけないのはご存じだと思います。まぁ、ピュアドラ2015は間違っても見た目違和感ないので気づかない人いると思いますがピュアアエロは空力を考えた写真の様な形状ですので間違えるワケが無い!と思いますが・・・なにコレ?

いや誰でも間違いはある!
グロメットに不必要な痕ができてしまったけど1,2カ所で気づいたんだよね?
と思うなかれ、びっしり上から下まで痕が出来た上、通常とは逆の方向にノット痕までありました。

仕上っとるがな(笑)

間違えたのに気づいて張り直したのか?このまま手渡されたのかは不明ですけど、
グロメット結構食込んでるし、本当にこのまま渡されたんじゃ??

僕が怪しまれるのイヤなので、こんな感じになってたよ!
と証拠の写真を撮ってから作業しました。



ピュアアエロで間違えるかねぇ。。
[2017/04/17 18:49] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
ラケット内側のクリーニング
雨の日にプレーしたりすると濡れたボールを打つ事になりますよね。
そんな時のボールは水と一緒にコートの砂や汚れを含んでいますのでインパクトするたびに汚れがフレームに飛び散ります。

軽く拭いておいてもグロメットの間はなかな綺麗に出来ないのでこんな感じではないでしょうか?
201702114.jpg
雨の日で短期間に汚れてるラケット、長年の汚れが積み重なったラケットとさまざまですが、気になれば綺麗にしてお渡ししております。
あまりこだわって掃除してはいませんが、アイテムとして
①1歯ブラシ・・・細かい所は良いんですがあまり綺麗になりませんし、時間がかかります。
②ウエス(布)・・水気を含ませて早く綺麗になりますが、グロメットホールの近くに汚れ残ります。
③ティッシュ・・・布が見つからない時はこれを手に取るんですが、グロメットに当たってボロボロに。

皆さんそんなに汚れてないので軽く拭く程度で終わるんですが、中には頑固な汚れ(ウチで張替えしてない人のとか)は見るに堪えられない物も。
預かり期間が2、3日あれば水多めのナイロンブラシで汚れを落してから乾燥させます。

簡単な汚れや時間があまり無い場合、最近こんなタワシ使ってます。
201702114b.jpg

100均で見つけたんですが繊維は天然素材で硬く無く、密度がある感じのミニタワシ。
手の甲をゴシゴシやっても痛みの無いソフトなタワシです。
ラケットに細かい傷を付けてもいけませんのでナイロン系や硬めな物は選びません。


これだと乾燥した状態でもある程度綺麗になります。
それに汚れたら捨てれば良いのが100均の魅力的な事ですね。

201702114a.jpg

綺麗にしたら車用のガラス系コーティング剤で磨いときます。安いやつで充分です。
シリコン系やポリマー系でも良いんですが、施工面がツルツルになっては困る場所(シャフト、スロート)もあるので施工面がツルツルでは無くサラサラって感じの製品が合ってるのかと思います。
[2017/02/14 12:07] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
| ホーム | 次のページ>>