GAMMA TNT2 16
前回のライトニングに続きまして、最近買ったナイロンモノをご紹介。

ガンマTNT2 16(日本未発売品)
gammatnt2.jpg

ガンマと言うメーカーのガットであります。
製造はトアルソン、TNT加工がアメリカという日米共同製作のガット。
ここら辺の事情は良く知りませんが、トアルソンとガンマは同じ商品?もしくは同等の商品を自国で展開しているようですね。日本にはトアルソンから同じくTNT2と言うガットもあるのはご存知かと思います。

ちなみにTNT加工とは・・
TNT(Thermo Nuclear Technology)
ガンマ線照射で分子構造を変化させ、柔らかさと弾力性を増大させる加工法。

TNT技術のガットは結構昔からあって、以前はTNT130という商品名だったのが、TNT照射のグレードアップに伴いTNT2となったと記憶しています。

ガンマのTNTはなかなかお安いお値段じゃない?とポチったら。
200mロールでなく110mロールだった。ウ~ンショック。
これだとトアルソンさんの国内品とそう変わらないお値段じゃないの!!

ただこの何とも言えないカラーが気に入ってたんだよね。
ナチュラルと言うか、もう少し濃いからアンバーに近い。
これまた、早速張って打ってみました。
TNTはナイロンモノにしては柔らかく、高弾性のガットなんですがガンマのTNT2は予想以上に打感がソフト。
これ、マルチガットじゃね?と思うほどです。
とても寒い中、テニスをしましたが非常に快適でありました。

もう少し打って見ないと解りませんが、ウチにあるナイロンモノでは一番打感が軟らかいと思います。

大量に張るスタンダードガットの代わりにしては自己主張が強すぎるかな。
[2012/12/19 23:01] | ガット情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プリンス ライトニングXX16
寒いです。まだ12月に入ったばかりのなに雪が降ってます。
例年の事ながらこの時期は、1本はマルチ系のガットを張ってます。
さあ何張っとこーかなー?と思案中でしたが、試打も兼ねてこのガット張ってみました。
*マルチじゃないけどね。

プリンス ライトニングXX16
ritxx.jpg
今まで何度もプリンスの試打ラケで打ってきたこのガットですが、別に良いとも悪いとも感じなかったガット。
たまたま安めで買う事が出来たので買ってみました。(定価は高めなんです)
お気づきのように、キレイなキラキラ模様のガットで女性に良いかも?って感じでの安易な購入でしたが。

自分のプロスタ君に張ってみると、おおっ、案外いいぞ。
まず気に入ったのは、プリンスのシンセdf系に見られる初期のキシミ音がありません。
打感はモノ系にしては柔らかいですがパワーもあります。飛びも良いと思います。
ハードヒットではいい感じでホールドするのでシッカリ打っても安定感あります。
これは、色味だけで女性用と考えるには勿体無いガットだ。(僕の勝手な偏見です)

最近、ナイロンモノガットを少し考えてます。
安いガットとしてトアルソンシンセ系、テク二のシンセを多く張りますが、2ヶ月、3ヶ月と張り替えない人、半年張替え無い人には、もう少し良いガットを張ってあげたい。
それに200円程度の価格差なら品質の良いガットの方が総合的に良いと思うから!

今候補として、
トアルソンのTNT2、アスタリスク。
プリンスのシンセ16df、ライトニングXX。

ライトニングXX、今日で数回使用していますがトアルソン、テク二のシンセより打感の変化やテンションダウンも少なく感じますし、なかなかバランスの良いガットだと思います。

特に冬の時期には普通のナイロンモノより打感がソフトで良いですね。



でも僕のラケットにはもう張らないかも?
だってこのキラキラが・・・。(ホントにガットはイイのよ!!)
[2012/12/11 01:10] | ガット情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |