クロスのレーシング
昨日、クロスのレーシング(横糸の通し方)についてご質問があったんですが、言葉で説明しづらいのでここに書きます。質問の内容は。
ポリのストリングのクロスを張る際、3分の2程度まで張ると手でストリングが引っ張れなくなってしまう。
手でストリングを引けなくなってしまった際は、どう進めていくのが良いでしょうか?

ストリンガーの皆さんなら、どんな感じかは解りますよね。

動画で説明できれば良いんですが、勉強不足ですのでいつもの写真で。
今、ポリを張る予定のラケットがこれまた参考になりづらいグラファイト93。
パターンが14×18というなんとも張りやすいラケットにエナジー130を50lbs。

プレレーシングはご存知のようですので省きます。
ポリでもプレレーシングを使っていれば残り2、3本まではなんとか編めると思います。
ガットを引く時は、直線で引くのではなく摩擦抵抗をできるだけ受けないように曲線にしながら引いてくださいね。
2013064.jpg
僕の想像ですが、質問者の方はクロスを編む終盤の時、とりあえず通してから引っ張るんで抵抗を大きく感じておられると思います。引きづらいのでペンチが必要と言う事ですが、それはいけませんよ。
2013070.jpg
引きづらいところまで来たら、プレレーシングは必要ありません。と言うかガットの長さも短くなっているはずですので1本ずつ編んでいきます。その際、編んでも引く時に抵抗を受けないようこんな感じが良いと思います。

写真はノットの手前、最後の1本ですが、一つ飛ばししてますので普通に編めば結構な抵抗がおこる箇所です。
まず、グロメットの面までガットを引いてしまいます。
2013065.jpg

2013066.jpg

2013067.jpg

2013068.jpg

2013069.jpg

もう、説明文を省きましたが解ります?
編んでから引くのではなく、最初から引くガットが無いようにしてから編みますのでガットが痛みません。
あと、この編み方でないとガットを捻る事が多いと思います。スピードは遅くなっても良いですから。

どうでしょう?こんな感じで。

動画も探してたらmalibuさんが紹介しておられる、パーネル氏の動画にそれらしいのがあります。
ガットはポリでは無いようですが、やり方は同じです。
13:30あたりからがご説明したい箇所ですね。うーん僕の写真は不要だったかな?


[2013/08/28 01:03] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
なんでシャークなの?
もうご存知だとは思いますが、プリンスの穴なしラケットが9月に発売されるようです。
今年の春に買ったばかりなのに。。と言う方もいらっしゃるでしょうね。

そりゃー、同じtype-Jで仕様変更したようなラケットを半年後に出せは不満な方もいるでしょう。
でも僕はあまり気にならなかったですね。

だって。シャークと言う名前で別物のラケットだから!
J-Pro Sharck DB Air
2013060.jpg

同時に発売されるJ-Pro Graphite、J-Pro Blackは(ダイナミックブレイデッドwith TP)と言う技術を除いてはグロメットの形状変更のみですが、J-Pro Sharckはボックスではなくエアロフレーム。ブリッジも懐かしい形状に。
ハッキリ言って別物のラケットですね。なんでシャークって名前にこだわるんだろ?

しかし、試打したら気に入っちゃったりして。うーん触れないようにしなければ。

ラフィノさんの動画より。

4:00あたりからシャークのプレゼンが始まりますが、シャークだけはtype-Jの完成度が高くてトラディッショナルグロメットに換えても良い結果が無かったというご説明、type-Jシャークを愛用している者としてはなんか嬉しいっす。


[2013/08/13 11:29] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
最近の夕食。
1週間に一度のブログ更新を目標にしていますが、今週はテニスネタが無くて。。
最近主食となっておりますウチのパスタの写真でも。関係なくてゴメンナサイ。

とにかくスピード重視とコスト重視ですので凝ったパスタは作れません。

ミートとズッキーニのトマトソース。
2013050.jpg
ズッキーニっておいしいんですね。今年から母が畑で作ってくれたので沢山いただきました。

海老とナスのトマトソース。
2013049.jpg
ナスとトマトソースは定番ですね。こちらもウチの畑のナスです。

バジリコ。
2013058.jpg
バジルペーストは通販で。リストランテ イタリアーノ という安めのソースを使用。
カリカリベーコンを添えて。これは早くて美味しいです。

海老とアサリのトマトソース。
2013057.jpg
本当は海の香りがプーンと香るパスタを作りたいとこですが、コスト重視ですので冷凍アサリ、無頭海老を使用しています。やっぱり貝は殻付き、海老は有頭でないとエキスが足りませんね。仕方ない、コスト優先でいつでも食べれるよう、冷凍品での料理です。

濃厚カルボナーラ。
2013048.jpg
こちらはお気に入りの一品。チーズと卵黄の濃厚なソースが美味しい。
カロリーが高いので最近は控えております。


他にも色々作ったけど写真が無かったんで。
このレベルですと、15分~40分程度で出来上がります。でも結構美味しくできるんですよ。
ファミレスレベルのパスタなら。。楽勝で勝ったな。。

ニンニク、オリーブオイル、唐辛子、塩、パスタ、チーズ。
これらに少し良い物使うだけで美味しいパスタが出来ますよ。特に塩とオリーブオイル。

簡単に出来る僕のパスタシリーズでございましたmm。
[2013/08/10 00:15] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
テニス用サングラス新調です。
僕が持っているサングラス、タレックスのデフィは可視光線透過率が30%ですのでこの時期の強い日差しには少し辛い。もう少し暗めのモデルも欲しいなー。やっぱりプリンスの調光偏光サングラスは可視光線透過率が30%~12%なんで使いやすいでしょうね。
でも品質の割りに高いんだよね。とても1万円のクオリティじゃない。6000円位で買えるなら良いグラスだと思うんだけど。

仕方なくプリンスを買おうかと思っていたら、スワンズがお買い得になっていたのでポチッとしました。
SWANS LION 0763PM 偏光ナチュラルグリーン シルバーミラー。
2013055.jpg

スワンズはウォーリアと言うモデルを店で試着したけどイマイチだったので敬遠してましたが、このLIONシリーズは良いですね。個人的な好みですがグリーン系のレンズはオム二のグリーンが自然に見えて違和感が無いです。これは人それぞれ、スモークやブラウンが良いと言う人の方が多いとは思います。
可視光線透過率も16%で真夏の日差しでも大丈夫。

品質はプリンスと比べたら失礼?
レンズは透明感あるし、キズにも強い。フレームもシッカリしていてます。
やっぱり日本のスポーツグラス専門メーカーは品質が良いです。

2013054.jpg
なかなかカッコイイ。
2013056.jpg
このモデルは廃盤らしく、半額位で買えますんで1万でお釣りがきます。
*LIONシリーズは廃盤では無いです。このレンズカラーのモデルが廃盤。
レンズは交換可能ですので別のレンズを用意すれば、その日の天候によって選択する事も出来ます。

タレックスは見え方は良いけど僕のはCR39のプラスチックレンズなので割れます。それに重いし。
スワンズのペトロイドレンズは耐衝撃性に優れてますから万が一ボールが当っても割れる事はないです。
安全性を考えると大事な事ですね。

SWANS LION。ヒジョーに気に入っております。
[2013/08/02 00:19] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |