最高の瞬間
今年は本当に凄かったですね。ツアー中の厳しい表情から一転、先日のアガシ、チャン、とのエキシビジョンは楽しそうなテニスを魅せてくれました。マイクをつけてたダブルスでは、ミスショットをすると
あっ。とかマズイ。とか。。ニコニコしてどこにでもいる青年のよう。
こんな自然体で飾らない人柄も彼の魅力ですし、テニスを知らない皆さんにも好印象なんだと思います。

で先日行われた日本プロテニス協会の表彰式において最優秀選手賞の受賞式において微笑ましい
サプライズ。

受賞を受けた圭くんです。
km-1.jpg
花束贈呈があるんだー?と、しばらく待つ圭くんですが・・・。
km-2.jpg
あれ、ちょっと!
km-3.jpg
自然と笑みがこぼれ
km-4.jpg
故郷グリーンテニススクールの正樹コーチがサプライズ登場。
km-5.jpg
握手もしてお互い嬉しそう。
km-6.jpg
そして最高の笑顔ですね。
km-7.jpg

地元で見逃た人の為に画像が悪いですが用意しましたよ!
今まであまり触れませんでしたが、私グリーンテニススクールには20年以上もお世話になっておりまして、こちらの正樹コーチを始め、貴代美コーチ、細木コーチと素晴らしいコーチ陣がおられます。

コーチは自分の手を離れてからもずーっと圭くんの様子や環境を気にしておられました。
それはいつも僕らのクラブ話題になり、ジュニア時代の試合でも一喜一憂したものです。

そんな圭くんがクエルテンとダブルスを組んだり、ついにデルビーチで優勝。
その後怪我に苦しみましたが今年のこの偉業。
もう嬉しいでしょうね。
あの幼かった圭くんが・・・こんなに凄い選手に・・。。もう想像以上すぎてどういえば良いのか。

圭くんの驚いた笑顔は子供の頃と変わらないね。
何を思ったかな?驚き、緊張、懐かしさ、照れくささ。でも嬉しかったんじゃないかな?

コーチは今も昔も、自分が圭を指導したと自慢する事はありません。
*全小はこのスクール時代に全国優勝してます、その後、修造さんに。そして海外。

12、3歳までの大事な期間、全国を取るまでに育てたんだから凄い事ですよ。

圭くんの才能を摘まず、伸ばしたグリーンのコーチ陣も故郷の誇りです。
久しぶりの2ショット、最高でした。
[2014/11/27 23:38] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
YONEX ポリツアースピン G125
最新モデルであるポリツアースピンG125。
シリコン浸透技術、SIF製法という新技術でスナップバック復元力大幅アップ!持続力アップという製品らしいです。
このガット、気になっていたところでしたが早々に購入してブログにアップしていらっしゃるmalibuさんからサプライズで頂きました!ありがとう御座いましたmm。

で、ポリツアースピンG125を単独で張るか?最近のお気に入りハイブリッドで張るか?迷いましたがシャークにポリはあまり好まなくなっておりますので実用的なハイブリッドで。。
その前に、購入した人は驚くと思うほど色味が違いますね。ダークレッドってこんな色。
比較対象に左はレッドコードを並べてみました。レッド?
20141117-1.jpg
クロスは最近のお気に入り850X。クロスをレーシングする時もG125のシリコン加工が効いてて抵抗少なくテンションがかかります。ポリツアースピンの角ばった感じもあまり受けずに張りやすかった。
20141117-2.jpg

快晴の下で撮ると案外明るい感じに。これならレッドと言うのも解りますね。
2014111-3.jpg

週末使ってみた感想。
予想どうり、X-CODEと比べるとしっかりした打球感。
肝心のスナップバックはポリの素材が硬すぎるのであまり動かないです。
やはり縦横125Gじゃないとこのガットの特性がフルに発揮できないのかな?
ポリ×ポリ、横125Gなら恩恵はあると思います。

*また後日書きますが850Xとポリを数種類試した結果、ハイブリッド絶賛の恩恵はX-CODEの要素が強いと感じております。まあX-CODEと言うかポリマルチが良いんじゃないか?って感じです。

話を戻しまして、最初は少し硬いかな?と思った125Gですが使うにつれ馴染んできたのか安心して振れるので日曜の親睦試合にはそのまま出場しました。かなり調子よく打てましたよ。
実際、850Xのハイブリッドだと、125Gの使用感と言うのがよくわからない?
もう少し他のポリと同条件で試してみないと比較出来ませんね。打感は850Xの要素も強いので。
ちなみに4Gより、角ばった125Gの方がスピンコントロールしやすいし、球の弾き感も早くて好みでした。
ただ、今回の様に縦ポリ、横マルチですとどうしてもスナップバックは起こりづらいですのでブルーのポリツアースピンでも同じかも?と感じたり。。この使い方は125Gの良さをスポイルしているのかも知れません。
耐久性と言うかすぐ切れちゃうのであまり張らないんですが、残りのハーフはクロス125Gで試して見たいと思います。

[2014/11/19 02:01] | ガット情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
フェアウェイレザー デッドストック 
ラケットのグリップがそろそろ限界。1年使ったからなー。
老後の分まで溜め込んだフェアウェイのレザーを惜しいけど使いましょう。
2014111-2.jpg
僕は今までタン色しか好まなかったのですが1年ほど前に当時モノのデットストック(ブラック)がヤフオクに出てたので、あるだけ買いました。、これもBalmforth社製の貴重品。手触りが全然違うんですよ!
吸い付くんです。

20141111-3.jpg
このレザー1988年グラフがオリンピックを含めたゴールデン・グランドスラム 達成を記念して限定販売された
MAX200G GOLDEN GRAND SLAM 用のレザーです。それを消耗品として使おうとしているんだからビンテージマニアの方が見たら、なんて勿体無いことするんだ!とお叱りを受けそうな品です。

20141111-4.jpg
当時モノなのに凄くしなやかでメチャ巻きやすかったデス。
フィニッシィングテープがトーナのレッドしか無かったけど、見たは大事ですからカーポンシートでデコっておきます。
コレなかなかカッコイイんですよ。人と同じがイヤな方はお試し下さい。

そんで出来上がり。
20141111-1.jpg
うーんブラックも思ってたより良いね。
それより凄いグリップ力。さすが当時モノのBalmforth社製。

このフェアウェイレザー以外のレザーグリップはハッキリ言って使えません。
最近ヤフオクに出してくださる出品者がおれれるので僕も以前お世話になりました。
ビンテージのレザーの方がどうしても手触り良いですね。製法や手間なのかなー?
夏だけ我慢できずにトーナのドライグリップ巻きますが、それ以外はレザーのみなので経済的でもあります。
僕のテニス頻度だとこれでまた1年もちます。
[2014/11/12 00:26] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
prince TeXtreme
前回と同じくプリンスの新製品。TeXtreme 採用ラケット。
こちらもずいぶん前から話題になってました。
pic_bicycle_formula-one (450x353)

現在プリンスラケットを使用しておりますharikichiとしてはやはり気になります。
ただ、デザインをwebで拝見している範囲では、カーボンを透かしたデザインは良いけどフレーム内側のカラーは無いな。見た目は今のシャークの方が好みなので一安心。

ところが契約コーチと今日話していたら。。
今度のTeXtreme ラケット・・・・めちゃくちゃイイ!!最高!!!
らしいのです。

しかも、一番ハードスペックであり穴なしのラケット
TOUR PRO 95XR
pic_racket01.png
がスーパー最高!らしいのです。
とにかく今度打ってみてよ!絶対気に入るから!だって。

うー、来年試打して気に入ったらどうしよう?
TOUR PRO 95XRのフレーム内側は緑色だからなー。フレームと同じクリア、もしくはマッドブラックだったらグラッときちゃうんだけど。。緑だからなー。
ただ、ウチのコーチがこれほどイイと言った事は今まで無いので気になるー。
なんだか最近プリンス元気が良いね。




[2014/11/09 01:21] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |