セッティングオフオール改 SNAP-ON
去年の暮れに購入したゴーセンのセッティングオフオウル。コレね。
ちょっと不満足と書いたのは記憶に新しい。
20150326d.jpg
それでも何度か使用してみたものの、ヨネックスのオウルの重さと大きさに慣れてる僕には使いずらい。
もう要らないや!と言うことで惜しげもなく破壊。
電動リューターでキュイーン!!
20150326f.jpg

やっと取り出せましたステンの軸。
これだけが欲しかったのよ!
20150326g.jpg

肝心のグリップの写真を撮るのを忘れたんですがこんなに素敵に生まれ変わりました。
セッティングオフオウル改 snap-on(スナップオン)バージョン!
201503276c.jpg

スナップオンの旧型グリップ流用でメチャ格好良い!
グリップの色、グリーンと悩んだけどやっぱり定番の赤にしました。
現行のグリップでは無く旧型のグリップを選択したのは譲れない所です。

大きさ重さはヨネックスより若干大きめ。
20150316b.jpg
僕はとにかくスナップオンのロゴさえあれば満足する人間ですので超気に入ってます。
この流れでもう一つのオウルもグリップ交換したいところですが、軸径が小さくグリップ部加工が必要になると思うので簡単にはいかないなぁー。
僕が職業ストリンガーなら、数種類作るとは思いますけどね。

よく、本職のストリンガーさん達もこのセッティングオウルには手を加えていらっしゃるようです。
柄にグリップテープやら、テーピングなどを巻いて使いやすい太さにされているのは拝見しますが、ドライバーグリップ流用で差替えしてるのは見たこと無いですね。

これを見て、おぉー良いね!と思われたストリンガーさん。真似っこしても良いデスからね。
MACのグリップなんかも、オレは一味違うぜ!
って感じでカッコイイと思いますよ。

20150326a.jpg

うーんカッコイイ!!最高!!

[2015/03/27 23:16] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
手動オイルチェンジャー
年度末で皆さんお忙しそうですね。
昨日も転勤で関東に戻られる方の送別会をしたりして、バタバタとしておりました。

話は変るんですが、数年前からエンジンオイルは自分で交換しています。
これもガット張りと一緒で同じお金を出すなら品質の良い物を使いたい!という精神からなんですが、その為には自分で交換して工賃を浮かさないといけません。

今までは車の下に潜り込み下抜きでオイルを抜いてましたが問題がありまして。
僕の住んでる場所は松江市の宍道湖に近い場所でして、他の地域より風の強い日が多いんです。

今日オイル交換しようかなー?と思っても風が強いと廃油が駐車場に散って汚れてしまうので風の無い日を選ばないといけないというのが不便なんですね。
そこで手動のオイルチェンジャーを購入して上抜きで交換してみました。
IMG_0861 (450x338)
上抜きだとオイルゲージからの吸引ですから下抜きの様にオイルパンから落ちる廃油が風で散らないので天候を選びません。
で、この手動式のオイルチェンジャーは使えるのか?ですが。。
やはり業務用のチェンジャーとは吸引スピードが違いまして、しばしお待ちくださいと言う感じ。
業務用だと2、3分ですが手動式で5分~10分かかりました。

まあ、許容範囲ですね。あと廃油を9ℓもタンクに貯めれるのは良いデス。
下抜きだと廃油受けに貯めたオイルをその都度処分しなといけないので手も汚れるしね。
ただスピード重視だと下からが速くて確実です。

オイルも勉強すると色々な種類やグレード、スペックがあり奥が深いですね。
今使ってるのは結構良い物入れてます。
ウチのポンコツ車にはオーバースペックですが、オイルは プラシーボ効果絶大ですから(笑)
[2015/03/19 21:41] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
yonex ネオツイン125
ヨネックスのナイロンモノ、ネオツインを少し安く買えたので入れてみました。
前々からどうかなー?と思っていたガットなんです。
20150308.jpg
触ってみると予想外に硬い感じ。
もしかするとミクロスーパーに近い?とすこし不安。。。

詳しくは知りませんが最近テクニファイバーのシンセが手に入らなくなっている。
海外通販サイトも125.130ゲージは見当たらないし、国内で輸入品を販売している店にも無いです。
たぶん廃盤なのかな?まあ安く買えないなら継続して買うモデルではありません。

そこで少し高いけどネオツインを入れてみたんですが、テクニのシンセとは真逆だったかも?
まあ、選択肢が増えるのは良い事です。
[2015/03/09 22:04] | ガット情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |