POLYTOUR FIRE 120☆130
先日張上げたばかりのラケットが帰ってきた。
2年近く前から張替えをさせて頂いている関東のプレーヤー様。

普段はストロングダイアなんだけど、最近試打したEZONE DR98がナカナカ良かったんですって。
今回はソレに張ってあったポリツアープロ125を張ってみよう!
と言う事でポリツアーシリーズ乱れ張りをしたんですが。

まさかの。。
僕ポリはやっぱダメみたい。
とりあえず送っときますと言う事で、恐らく1本あたり2,3時間もプレーしてないラケットが帰ってきた。
当分張らなくて良いし、その間試打してOKと言って頂いたのでガットのインプレを。
20160428b.jpg
ガットはウチに在庫していないポリツアーファイヤー120と130、それにポリツアープロのグラファイト130。
在庫からはポリツアープロのイエロー125だけ。
これをすべて50ポンドですから純粋にガットの比較が出来ます。

RQiS 1 TOUR フェイス95、重さはUL?SL?たぶんSLなら320~330g
久々のハードスペックなラケット。

結果。うーんどれも良い感じなんだけど?僕好み。
今のシャークにはポリ単張りでは張らないんですがこの位の重さだとポリが凄く良い。
飛びも良いので、正直50ポンド以上でも僕打てそうです。

好みで言うと、ファイヤー120=ツアー125>ファイヤー130>ツアー130。

ここでやっぱりポリツアーは125がバランス良いと思いました。
ポリツアー130になると打感はマイルドになるんだけど自分に力が無いのでスピードは乗らないですね。

一番興味があったファイヤー。硬いのか?
というのが先入観でありましたが、僕の感覚だとそんなに硬く無いです。
それより良く飛ぶし120はスピード感あります。スピンもコレが一番かかったし、サーブも一番速い。
細ゲージのポリは同じかも知れませんが、ハードに打つと金属音と言うか伸びきってガチンとした感覚もあります。ファイヤーもそんな感じがあるんですけど、手には響かない印象。
一番長く使ったのがこの120でした。多分使いやすかったんでしょう。

今回、純粋に比較できるのはファイヤー130とツアー130。
これを打ち比べるとファイヤーの方が若干硬く、飛びは良い。

同じヨネックスのスピンGはシリコン浸透モデルでガッチリと硬い打感だったんですがファイヤーは恐れるほど硬くはありません。
これは今後どうしようかと思うモデルですね。色もレッドコードの様な真っ赤でなく、少し明るい赤です。
20160428a.jpg

フラット気味に打つならポリツアーでスピン系ならファイヤー?
いやファイヤー、スピード感あるしフラット系も良いんでないかい?

今回、有意義に試打できたので感謝。
ファイヤーを今後入れるかどうかは、プロレッドコードWAXと比較してから決めるとして。
*近年のプロ使用率からするとヨネックス有利か?

唯一決めたのが、ポリツアー125の次回在庫はフラッシュイエローからグラファイトにします。
グラファイト、落ち着いていて良い色です。

[2016/04/30 00:35] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
角切れ対策(気持ちだけ)
ポリの角切れと言っても色んなタイプ。

張替えが新しくても、スイングスピードがとてつもなく速かったり、ミスヒットでポリの伸縮性の限界を超えると切れます。
まあ、殆どは十分使った状態で、真ん中上部にヒットしても切れる場合とやっぱりフレームショット。

切れる箇所はグロメット外側の折れ曲がりの箇所が一番多いですが、グロメットが硬質な物だとラケット内側のガットが出ている部分で切れる場合もあります。

このラケットのプレーヤー、比較的上部でヒットする事が多くどうもグロメット出口で切れる。
切れてない箇所も見てみるとやっぱりグロメット出口の箇所で折れ曲がりしているのか、傷が目立つ。

補強のチューブも入らないし、あまり過激な事は出来ないので今晩出来る事をしてから張ってみた。
2016040a.jpg

出口のグロメットの形状が鋭利なので出口だけでもフレア形状にしてツルツル加工に。
20160420b.jpg
と思いついたのは良いが、適切なアタッチメントもないので、転がってた釘をカットしてコンパウンドを付けて磨いただけ。結果、思うほど形状は変らなかったけど出口のRは少し緩やかになったかな?

最後にシリコンスプレーでツルツル。
コレで効果があるのか無いのか?まぁ気持ちだけやってみた。。
[2016/04/21 01:11] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
最近話題の滑り止め
最近流行の滑り止めがあるようで。夏に向けて買ってみました。

左は長年使っているヨネックス グリップパウダー。
右が今回購入したプリンス グリッププラス。
20160411.jpg

普段レザーでプレーしている僕としてはこのヨネックスのパウダータイプは必需品。
でもこれを使ってる人見たこと無い。たぶんレザーグリップでしか効果が無いからだと思う。

そんな僕でも真夏になるとどうしても追いつかなくなるのでトーナのドライを巻いています。

今回のプリンスの滑り止め。
実際に使ってみると、グリップテープの上でも効果絶大のようです。
今までの炭酸マグネシウム系は汗をかくとヌルヌルしてまったく意味が無かったのに。

これは、普段ウエットタイプのグリップテープを愛用している方にはお勧めですねぇ。
お仲間にも試して貰ったけど評判良かったです。

でもトーナのドライで使用すると食いつきすぎてグリップチェンジしづらい。
なんだかドライがウエットになった感じ。

この商品、大変人気で売れてると聞いていますが、個人的には次回の購入は無いかも?
僕はトーナドライのサラサラした感じが好き。。
でも真夏に大汗かいた時にどうなるのか?その時評価は変るかも知れません。

もう一つ、
甘ーい匂いがするんですけどこの匂い苦手だなぁ。
[2016/04/12 12:22] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |