中尾アルミの打出し鍋
オール電化・・・・ウチにはその様な近代化はやって来ない。。
そんな環境なんで鉄鍋でもアルミ鍋でもオールマイティーではあります。

前々から麺類を茹でるナベがあまりに貧祖でして・・・先日新調した。

素材はステンレス、アルミ、ホーロー。。悩んだ挙句アルミ!
なんで悩んだかと言うと、アルミ調理器は健康に良く無いんだと?アルツハイマーになるとか??
ふーん、とはいえ、調べてみるとステンレスもホーローも安全だとは言えないようで。

まぁ、あれですよ、豊洲ではないけれど基準値の問題じゃ?
それに外食するでしょ、高級店も大衆店もアルミ製品は多く使われてますしね。

で、買ったのが
アルミ鍋のトップメーカー中尾アルミ製 打出しアルミ半寸胴鍋21cm&18cm
20170327a.jpg
21cmが欲しかったんだけどあまりにステキなんで18cmも買っちゃった!
しかも製造中止モデルの為半額以下。

打ち出しの模様が綺麗だし、何といても厚さ3mmのアルミは神戸製鋼に特注した 腐食に強いアルミKS3805という素材。
メーカーのこだわりを感じてしまいます。
現行のフラックシップモデル、プロキングシリーズは板厚4mmですのでさらに高価。


20170327b.jpg
*要らない野菜を煮込んで使用前に酸化皮膜を作ってます。

18cm(写真右)はついでで買ったんだけどこっちの方が使い勝手が良くてフル活用!!
もう1つ買っておこうかなぁー?
同時に注文した中尾アルミ製の厚板雪平鍋15cm板厚3mmより安いんだから。。

素材も最高でオシャレ度抜群でした!
[2017/03/28 13:34] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プリンスのファントム
少し前に打ちました。
プリンスの新製品、PHANTOM PRO 100 XRとPHANTOM 100 XR-J
20170323a.jpg
見た目はなかなかカッコイイ!!

最初、穴なしのプロ100を手に取ったんですが案外気持ちよく打てました。
予想より飛ぶし、振動が少ないのが意外でしたね。

やっぱり興味をそそられるのは穴あき100XR-J。
ホールド感あるし、それ以前に16.5mmのフレームが斬新ですよね。
今の時代にこの薄さ。。そういえば昔ウイルソンでメチャクチャ薄いラケットありましたね。
スピンなんとか?でしたっけ??
それ以来の衝撃です。

20170323b.jpg

前に販売されているツアーグラファイトの100や95と比べるとコチラの方が断然良いと感じる。
まぁ、ガットにもよるんで一概には言えませんけど。

試打を終えて自分のシャークに持ち替えると・・・・やっぱこのラケットは使いやすい。

僕がラケット買い替えるなら同じ形状の98XR-J系かなぁ。。
[2017/03/24 00:22] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
LUXILON エリートドライ
販売前から気になっていた商品、ルキシロンのドライグリップ買ってみた!

LUXILON GRIP ELITE DRY
220170312a.jpg

グリップは FAIRWAY派の僕でしたが夏場のオーバーグリックは必需。
最近やっと感触に慣れ、トーナドライを通年使用しております(元グリはやっぱりFAIRWAYね)

でもトーナのドライ耐久性メチャ悪いんですね。2,3回で表面が剥げてくるんです。
円高の時は比較的安く買えてた気もしたんですが、最近は結構なお値段で。。

この新製品はドライグリップなのに耐久性大幅UPらしいので期待せずにいられない。


早速巻いてみるんですがこの巻き始めの両面テープ?
20170312b.jpg
これがあると剥がすときにレザーが痛んでしまうし繰り返すと凹んだり、シール残りで盛り上がったり。
僕は嫌いなのでちぎって捨ててます。



トーナとの比較
20170312c.jpg
うーん色味はやっぱりトーナのブルーが好きかも?
今後トッププロが使用していくならこのグレーもカッコよく思えるなかなぁ。

で肝心の使用感ですが、やっぱりトーナと比べるとギュッと握りこんだときの感覚は違います。
最初はあーイマイチかも?と思ってたんですが案外慣れてきて不具合無く使えてしまった。

今日で2回目の練習でしたがまったくへタってないのは凄いかも!
これは夏の汗ダラダラの時の救世主になるのかもしれませんね。

トーナの最初を100点とするとルキシロンは80点。
ただ80点がずーっと続くならこれは凄い!!

他のドライグリップも使った事あるんですがここまでトーナに近づいたグリップは無かったかなぁ。
カチッとしたダイレクト感があった方が好みなんで、フワフワの感触は嫌いです。
ルキシロンはトーナよりほんの少しだけソフト感ある程度、案外カッチリ巻けます。

理想はガスケの様に頻繁に巻替えれるならトーナ。(頻繁過ぎる?)
経済性と安定の品質ならルキシロン。

僕はどーしょっかなぁー?
まぁ悩める位エリートドライは使えそうなグリップでした!
[2017/03/14 00:10] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
ヨネックス REXIS(レクシス)
コメントでポリツアーのピンクが廃盤だよ!
って教えて貰ったのでヨネックスのHPを見にいったら気になるガット。

新製品 REXIS 125/130
20170301.jpg

大阪なおみ選手もエアロン850→REXISに変更のようですね。

エアロンはハイブリッドで耐久性が悪かったのでこのニューガットは注目か?
個人的にハイブリッドクロスには850Xが一番だと思っていますが、素材が似ています。

850  ハイポリマーナイロン
850X 高強度ナイロン+ポリウレタン(2重燃り加工)
REXIS 高強度ナイロン+特殊高弾性ポリウレタン(フォルティモ®)
マルチセンサ ハイポリマーポリエステル+高比重ポリウレタン

高強度ナイロン+ポリウレタンというところですが、この高強度ナイロンが一緒なので耐久性も良いんでは?と思ってしまいます。

夏までには買いますが、少し情報収集して評判が良ければいきなりロールでも良いかと。。。

いや、最近ヨネックスの新製品には裏切られてる気がして。。
高額だったマルチセンサはイマイチだったし、この前買ったポリツアーエアもリピートする気はありません。
ナイロンモノのダイナワイヤーも買う気満々だったのですが、ネオツインと比べて少し硬めと聞いたので手を出して無いんです。
ネイツインはTOAやプリンスと比べると硬い打感なのでこれら以上なら要らないかな?と。

REXISはマルチセンサほど特殊では無いと思うしエアロン850を使用していた大阪選手が使うなら、まぁ間違いはないと推測しております。






PS
今日の全仏オープン・ジュニア 2017 ワイルドカード選手権大会 セミファイナル
咲良、残念ながら勝ちあがれませんでしたがその後3位決定戦では接戦を制し勝利したとの事です。
この結果を残念と言っていいのか?、良くやった!と言っていいのか?
あまりに強くなりすぎて言葉に困ります。。

[2017/03/02 01:09] | ガット情報 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
| ホーム |