バランス調整リードテープ。
ラケットのバランス調整用リードテープ(鉛テープ)はご存知ですよね。
プロのラケットにビッシリと貼られたリードテープ。カッコイイなーなんて思ってたりします?

このウエイト調整ですが、色々試してみると自分のラケットがガラリと変わったりしますよ。

リードテープはテニス専門店には置いてあるとは思いますが、結構高いんです。
キモニーのが主流になると思いますが、6mm×60cmが2本で600円位?調整で悩んでいるとすぐ無くなっちゃうんじゃないかな。それに僕のような田舎にはそのキモニーすら置いている店はありません。

そんな中、もう何年もこのテープを流用してます。テニスではなく、ゴルフ用品なんです。
ジャパーナ(JAPANA) メンテ・リペアグッズ 調整職人 テープ40g 
幅12.5mm/長さ2.3m/厚さ0.2mm 定価609円(アルペン・ゴルフ5・スポーツデポで取扱)
weit-1.jpg
テニス用では無いので12.5mm幅の鉛テープですが、ちゃんとシールになっているのがgood!
weit-2.jpg
このままでは幅が広すぎるので丁寧にカッターで切り分けます。(ここでキレイに切るのが重要!!)
weit-3.jpg
後は長さを揃えてお好きな場所に張るだけ。
今回は、ラケットを買ったけどヘッドが軽すぎると相談があったので取りあえずこれだけ張ってみました。
weit-4.jpg
スゲー張ってる!重すぎるんじゃない?と思われるかも知れませんが、このテープは厚さが薄く、12.5mm幅の5.5cmで1gですので見た目より軽いんです。
今回は約11cmずつ左右に貼りましたので2g×2の4gのウエイト調整ですね。
軽いですが十分変化を感じられると思います。ピンポイントで重くしたければ重ねて貼ればいいですしね。薄いので微調整が可能ですし、グリップ下にも巻きやすいです。

専用品と違い、単価の安いテープですから、コートで打ちながら少しずつテープをちぎってみたり、剥がして違う場所に貼ってみたりして、気に入った場所と重さが決まったら、また切り出してキレイに貼れば良いんです。

初めはピカピカしてますけど数週間で酸化して鉛色に変化しますよ。
ちなみに自分のプロスタもこのウエイトテープ貼って2本のバランスを合わせてます。
weit-5.jpg
専用品の方が始めから6mm幅で切ってあるので使いやすいのはモチロンですが、安く仕上げたい人や微調整が必要な人はこんな流用もありますよー!!

[2013/01/10 00:51] | テニス全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<最近は下からが多いかも? | ホーム | 謹賀新年2013>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://harikichi.blog4.fc2.com/tb.php/271-54e1bcee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |