USAG(ウーザック)万能はさみ
古いガットのカットには万能ハサミを使ってます。
最初はホームセンターでBIRMY(バーミー) ドイツ スニップスと言うのを使っていました。
これが1000円切ってまあまあ切れるので気に入ってたんですが、もっと良い物ないかな?と。
今家に残ってるのはこれ。
2014002.jpg
上はホームセンターで売ってる安物SK11のハサミ。これはすぐ切れなくなった。
2番目はDEENの万能バサミ。(これは気が向けばテニスのmalibuさんと同時期に買ってました。)
最初は良く切れたけど、ポリをガンガン切っていた位で刃こぼれ起こしたりして買い直す事は無いなー。

工具にこだわる人には賛否両論あるメーカーですがソケットはここのメーカーを使ってます。
ハンドルは色々。。
プライベーターには充分の工具。仕上げも非常に綺麗ですしね。
2014003.jpg
とくにソケットは限定で販売されたブラストフィニッシュ(梨地)でお気に入りです。

話が脱線してしまいましたが、最近一番下のハサミ買いました。
USAG(ウーザック)【万能はさみ 直型・U211A】
2014001.jpg
正月にアストロにいったら在庫セールのワゴン下に隠れてた。
2千円チョイだったからお買い得だったと思います。
切れ味はナカナカ良いですが、やっぱりアングルがついてるハサミの方が使いやすいなー。
ブランド工具のですので値段は高いですが、万能ハサミは何処もOEMのようであまり違いが無いのかも知れませんね。

とは言ってもUSAGのハサミですので安っぽく見えないはず?だから携帯用にしょうかな。
その前にこのメーカー知らない人多いかも。イタリアです。
[2014/01/16 22:17] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
<<比較して良いの? | ホーム | グラフィンラジカル打てました。>>
コメント
こんにちは。
いつもブログ読ませていただいてます!
万能はさみホームセンターに行くとたくさんありますよね。
意外とガット張りに必要な工具っていいものがホームセンターにあったりするんですよね〜
私はストリングのカットにはGOSENの万能はさみを使っています。
話変わりますが、hari-kichiさんかなりレベルの高いガット張りされてますね。
私も今はホームストリンガーですが、ES5PROTECH並みの1400を使っているホームストリンガーはすごいです。
Made in Japan製のマシンやっぱりいいんでしょうね。


[2014/01/25 06:25] URL | ストーム #- [ 編集 ]
Re
ストームさん。コメントありがとうございます。
ハサミの質はともかく、ガットを切るにはアングル(角度)のついたハサミの方がやっぱり使いやすいです。最初使ってたバーミーは歯がギザギザしてないので使い込むと滑って切れなくなるんですが1000円以下で買えるんでコスパは良いです。使い終えた?ハサミは嫁さんの園芸用で再利用。
ウーザックも早々と狙われてるような。。

中古?でこのマシンを買いましたが非常に満足しています。
半分趣味と言うのもありますが、裕福では御座いませんので減価償却できる価格のマシンじゃないと。あと不具合が生じても製造元に直接修理を依頼できるので安心してます。
もっと工賃頂けたらバボラでもヨネックスでも買っちゃうんだけど、張りを依頼される人は安い方が良いでしょうから低価格で頑張っております。
[2014/01/25 11:29] URL | hari-kichi #- [ 編集 ]
張替えをスムーズにするためには工具もある程度いいものが必要になってきますよね。
とはいっても工具も安くないのでたくさんは買えませんね。
前、プロのショップで張っていた時工具がしっかり揃えられていてスムーズに張れました。
マシンもその時はSENSORを使ってましたね。
今はホームストリンガーですのでそうもいきません…

ES5PROは使ったことありますが、やっぱりバボラのマシンの方が慣れもあるでしょうが、扱いやすい印象はあります。
マシン高いですからね。
ホームストリンガーでSENSOR EXPERTを持っている人を見たことがありますが、日本で1人だけじゃないでしょうか?
ちなみに私はバボラの4002というマシンを使っています。
珍しいやつなのでわかりますかね〜?
ググれば出てくるとは思います。
[2014/01/25 16:00] URL | ストーム #- [ 編集 ]
おー凄い!
ググって来ました(笑)。4002ですか凄いですね。
とは言っても詳細はあまり詳しく解りませんが、見ただけで高価なマシンだと言うのは想像がつきます。センサーより高価?
お話ぶりからショップでお仕事をされていたと言うことですが、こんな素人ストリンガーのブログを見て頂くのはお恥ずかしい。

色々とご教授頂ける事などは是非コメントして下さいませ。
[2014/01/25 23:53] URL | hari-kichi #- [ 編集 ]
どうでもいいことをググっていただきありがとうございます(笑)
いやいや、すごくはないですよ。
SENSORより古いですし。
でも、性能はは一長一短でしょうかね。
4002は値段は160万円くらいですね。
SENSORは80万くらいですからまぁ高い方でしょうか。
趣味にどんだけ金使ってんだって話ですね(笑)
ですが、クランプホルダーの電磁ロック、O3ラケットに役立つターンテーブルのオートロック、あとテンションヘッドがフレームの高さまで上昇して水平に引いてくれるなどSENSORより機能はありますね。オマケにストリングメジャー、コンピューターなどもついてますし。
このように高価で機能もあり、張るのは楽ですが、今の時代に合ったマシンは?と言われたら4002より1400の方が優れていると私は思いますよ。

すっかりマシンのお話になってしまっていますが、ここで面白い話をしてみましょう。
面白いかはわかりませんけどねww
BabolaTのRDCをご存知でしょうか?面圧などを測定する機械です。
4002より1つ下になる機種の3002(張り上がりは4002と全く同じ)と東洋造機のES5PROや1400の張り上がり後のテンションを測定してみたらES5PRO、1400の方がテンションは1ポンドくらい硬めに出ていました。
4002には水平引き機能もあり、グロメット出口からの抵抗は少ないはずなのに1400の方が硬めに仕上がるから面白いですね。
マシン精度のレベルで言えば4002より1400の方が優れているということになります。
私はトアルソンの1400を扱ったこともありますし、張ってる感覚で何と無くわかりました。
SENSORやStar 5の話になりますとこの2つのマシンのテンションユニットはかなりモーターにトルクがありますので…引っ張ると固定してるラケットが動くことがあるほどです。これらのマシンだとまた測定結果も変わるのでしょうね。

あ!
聞き忘れてました。
ES5PROTECHタイプのクランプどうでしょう?
ガットが滑ったことあるのでしょうか?
出来れば購入を検討しているので教えてもらえたら嬉しいです。
これからも情報交換お願いします!
[2014/01/26 01:20] URL | ストーム #- [ 編集 ]
さっそくのお話楽しく拝見します。
4002とか家にあったらカッコいい!やっぱり当時軽く100万越えですよね。でもどこかのショップの店長が、20、30万で譲ってやるよと言われても悩んじゃいます。僕にはメンテナンスやら修理をお願いできる業界の知合いが居ませんので不具合が出た時にどうしようも無いんで。
ただ、職業としてでなく趣味の要素も多いのでカッコいいマシンは憧れますね。

東洋造機のマシンはテンションの精度が比較的良いと聞いてましたが高額なマシンと比べても仕上がりが均衡していると言う事で安心しました。多分コンスタントプルの精度が良いんでしょうね。前のトアルソンのマシンとは明らかに精度が違うのは実感しています。

>ES5PROTECHタイプのクランプ
うちのマシンの改の部分です(笑)
この黄金色したクランプですが、これが非常に気に入ってます。
5本爪でも問題ないですが、3本だとヘッドが小ぶりですので取り回しがしやすく感じます。ウチで硬く張る人は60lbsが最高なのであまり参考にならないかも知れませんが、滑った事は無いですね。
実はあまりにも不具合がないのでメンテナンスも怠けてます。。
2度ほどフルにバラして清掃、グリスアップしましたが、最近は10本位張ったら爪の先だけアルコールを付けた布で軽く油分を飛ばすだけ。
そろそろちゃんと掃除しないといけませんね。

クランプ4002に使うんですか?
それだと差込の形状はES5PROTECHではなくウチと同じ形状。
あまり気にしませんでしたがクランプベースの差込穴のφ数ってどのマシンも共通なんでしょうか?
[2014/01/26 14:04] URL | hari-kichi #- [ 編集 ]
こんにちは。
4002はやっぱりかっこいいかなというところはあります。
私はカウンター表示3000本しか張っていないかなり状態のいいものを個人使用している方からかなり安く譲ってもらいました。
マシンの寿命というものはないのですが、メンテナンスが必要な時期が発生するのが例としてSENSORだと3000本〜くらい張るとクランプベース内部のバネ交換でメンテナンス送りの必要が出てきます。
こういったことがあり、プロからはStar 5の方がいいという声を聞きます。SENSORより新しいですし。
4002はクランプベースが電磁ロックなのでその部分には強く、ノーメンテ、無故障で50000本くらい張っていたものを見たことがあります。もちろん、プロのショップでしたので、日々のメンテナンスはされていました。使い方によってはどうなるかはわからないですが。

東洋造機のテンションの精度ですが、バボラのマシンと引き方が違いますので張り上がりも変わるのでは?と思います。
マシンを分解してみますと、東洋造機のマシンはテンションユニットの左側にモーターの動きを見る事が出来る部分があります。
内部にネジみたいにぐるぐる刻まれた棒があります。それが回転してテンションヘッドが前後します。
この方式は昔のテクニファイバーのマシンと同じです。今のテクニファイバーのマシンは扱ったことはありますが、開けたことがないのでなんとも言えませんが、同じと思われます。
張ってて東洋造機とテクニファイバーのマシンは同じような感じがしますね。
この方式だと硬めに仕上がるのか?
それはわかりませんが、関係あるのかもしれません。
バボラのマシンは昔からチェーン駆動です。
モーターがチェーンを動かしてチェーンと繋がってるテンションヘッドを前後させます。

3本爪クランプ張りやすいですよね。
実は、Star 5も所有しているのです。
このマシンのクランプが実に使いやすく、東洋造機から同じようなものが出ているので、4002のクランプが少し磨耗しているので交換しておこうかなと思っています。

>クランプベースの差込穴のφ数ってどのマシンも共通なんでしょうか?
全てが共通なのかはわかりませんが、知っている範囲でバボラのEXPERT、SENSOR、Star 5を除く全てのマシン、東洋造機のES5PRO以前のマシン、スピンジャパン、アプローチ、GOSEN、イグナスです。
トアルソンは6800も扱ったことがありますが、忘れました笑
テクニファイバーは形状が異なりますので使えませんね。一部マシンはクランプがベースから外れない構造だった…と思います。
これらのマシンはすべて扱ったことがあります。
昔のマシンを考えていましたら東洋造機がGOSEN向けに製造していたGM-3000は見ただけですが、かなりいいものでしたね。
110万オーバー。ES5PROTECHより高いものでした。
[2014/01/26 17:44] URL | ストーム #- [ 編集 ]
とてもマシンにお詳しいので勉強になります。
保障の関係でまだマシンのユニットを開けて無いんですが、テンションを引く構造は大体解ります。購入時この構造がマシンの精度と故障の少ない理由だと聞いたような?

なるほど、クランプの差込の寸法は互換性があるんですね。
今までどうなんかなー?とは思っていました。

東洋造機の3本爪の値段は解りませんがプロユースでも充分な品質だと思います。昔、雑誌の記事でクランプには相当自信があると社長がおっしゃっていたのを拝見した事があります。どの雑誌だったかな?

長くなって申し訳ないのですが、
>GOSEN向けに製造していたGM-3000とは?
ググっても2000EXまでしか見当たらないもので。
ちなみにこのマシンのクランプは日本製と記載がありますが、東洋造機さんが製作されているんでしょうかねー。金属の色とレバーの形状が良く似てると思うんですが。
[2014/01/27 00:13] URL | hari-kichi #- [ 編集 ]
なるほど…東洋造機のテンションユニットが故障の少ない構造なんですね。
以前、同じような構造のテクニファイバーのSP TOPCORDやSP44というマシンも使用していましたが、前者は20年、後者は30年以上かなり酷使されていましたが、大きな故障なしで動いていました。
ちなみにSP44は電動の初期の頃のマシンです。KGしか設定できませんでしたし、ガラガラうるさくてマシンが振動しますので使いたくありませんでしたがね(笑)

クランプの寸法は多分ですが、バボラが今のレール式のクランプベースとクランプを最初に出して各社がそれと同じようなもの製造してきましたので共通になっていると思うんです。
バボラのSTAR 3は知っていますか?
あのクランプとクランプベースです。
STAR 3は80年代に発売されたかなり古いマシンですが、今でもプロで充分通用する機械です。1970〜80年ごろにバボラがレール式クランプベースを採用したマシンをを出しました。その頃他社にレール式クランプベースを採用したメーカーはなかったと思います。東洋造機も昔は鉄パイプにクランプがついてるマシンでした。
2000EXや1400などの形状をしたサイドサポートを最初に作ったのもバボラだったと思います。2002かSTAR 3がサイドサポートを初めて搭載したマシンでした。
ストリングマシンの特許はバボラがほとんど持っていますのでバボラを超えるものはつくれないのだと思います。

東洋造機の新しいクランプは3本爪から4本爪に進化しているそうなのでもっと使いやすそうで保持力もあるそうなので安心して使えそうです。

>GOSEN向けに製造していたGM-3000とは?
GOSENはいろんな会社にマシンの製造を委託していましたね。
まず、GOSENで一番よかったものはGM-7000です。
これはバボラの2502eというマシンのGOSEN版です。
2502eは4002の下の機種ですが、現在でもフェデラー、ジョコビッチのラケットを張っているP1というプライベートストリンギングをしている会社が使用しています。年俸は何千万と支払われるので最新マシンが買えるはずなのにあえて古いものを使用しています。
現在のマシンよりいいというプロのストリンガーもいるくらいですからまだ使う価値があるのでしょう。
次にGM-3000です。
これは液晶タッチパネルを搭載したものでした。
操作性はいいものだと思います。
1400は初めて使うとちょっと難しいですね。
覚えたら簡単だと思います。
当時かなり高価でしたし、1400も売られていて、張りの方も1400と大差ないものなのであまり売れなかったのでしょう。
ほとんど見ませんし。
URLつけておきますね。

GM-2000EXは見たことしかないので詳しくはわかりませんが、クランプで挟んだ跡は見たことがあります。
ガットに傷がついていてあまりいいものではないと思ったので東洋造機のものではないと思いますがどうでしょうかね?
GOSENストリンガーの松本氏は大きな大会ではGM-7000のクランプを今でも使用していましたね。もちろんバボラ製です。

いろんなお話ができて楽しいですねww
[2014/01/27 01:32] URL | ストーム #- [ 編集 ]
あまりにもお話の内容が素人離れしているので単純に読ませて頂いているだけの感じになってしまってます(笑)。

随分前にコメントしてくださった方もおっしゃってたのですが、バボラの特許と言うのは大きいんですね。
バボラのマシンは古いモデルでも充分な性能がある事は良く解りました。僕もバボラのマシンは好きですし憧れでもあります。
ただ、バボラに限らずですが旧型のマシンだと今お持ちの方やこれからショップの中古を譲って頂く方、ヤフオクで購入する方など色々だとは思うんですが、マシン不調の際はどうすれば良いんでしょう?ショップから譲って貰えた場合はその後の対応も面倒を見て貰える可能性があると思うんですが、個人やヤフオクで購入した場合のマシンって点検修理依頼をダンロップ(現バボラの代理店)が受けないと思うんです。特に古いモデルの部品の破損や基盤の不具合などは修理不可能ですよね。

あとよく考えたらストームさんのようにSTAR5とか個人でお持ちの方いらっしゃいますが、これは現行機ですから売ってくれるんでしょうか?この場合はメンテナンスもサポートしてもらえますよね。

実はメールでマシンの購入相談を受ける事があるんですが、ヤフオクで中古のマシンで悩まれる方もいらっしゃいます。
動いている時は問題ないんですが、もし不具合でたらそれでおしまいと言う金額の買い物でもないですので、僕はそのマシンを買うリスクは説明してあげてます。

ウチの現在のマシンは今のところ不具合はなく、前のトアルソンでさえ致命的な不具合はありませんでした。
ただ、プロショップでお話を聞いた際、そのお店はバボラのセンサーでしたがテンションの調整で点検に出してるんだよ。故障ではなく点検調整だけどね!と言われてましたがメンテナンスにもお金がかかるんだなと思ったり。実際は張れなくなるほどマシンが故障する事って殆ど無いと思うんですけどね。

イメージですけど
ヨネックスのマシンの修理→ヨネックス→東洋造機
バボラのマシンの修理→ダンロップ→国内で調整?→フランスに空輸?
どうもこのイメージがありまして
不具合生じた時、バボラは修理費が高いような気がしてますけどそうでもないでしょうか。

バボラSTAR5の維持メンテナンス費が安ければ次回の買換えがあればやっぱり候補にしたいマシンなんですけどね。
[2014/01/28 00:06] URL | hari-kichi #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/01/28 02:48] | # [ 編集 ]
ストームさんからのコメントいただきました。

旧型マシンの修理の件など教えて頂いたんですが、メーカーとの事などがあるので非公開で。。
今回いろいろお話させていただいたんですが、バボラの旧型でも性能は申し分ないと言う情報を寄せていただいたり、その他マシンについてもコメント頂きました。
僕が質問しました旧型マシンやバボラのメンテナンスサポートですが簡単にご説明すると。
そんなに壊れるマシンじゃないから大丈夫。
旧型ゆえに構造がシンプルなのでトラブルも少ないようです。
結局こういうマシンはショップから譲ってもらうとかヤフオクで買うとか。
僕個人の考えでは、万が一壊れたら諦めなけれはならないリスクはありますが性能的にはホームストリンガーが使うマシンとしては充分すぎる性能なのでそれを承知で買うのは良いと思います。

僕なら買うか?と言われたら。。
今のマシンが無い状態として、モノと値段では買いますまね。
あまり古いのはイヤなんですけど、ちょっとカッコいいのだったら15万位出してみても良いですね。逆に15万でどの程度のマシンが買えるかを考えると保障の無い旧バボラもありかな?と思います。
*そんなに壊れないと言うのを信用してなんですが。。

現在販売のマシンのついて
どうすれば買えるか?は書きませんのでショップかメーカーに聞いて。

と言う感じのお話を非公開でさせて頂きました。*公開しとるがな!!
ウチのマシンに限らす、ストリンギングやマシン、用品について幅広くコメント頂けるのはとても良いことだと思っていますのでこれからもどうぞヨロシクお願い致します。
[2014/01/31 03:38] URL | hari-kichi #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://harikichi.blog4.fc2.com/tb.php/321-56188429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |