WAKO'S信者では無いけれど。。
マシンのメンテナンスに使うケミカルですが数年前からワコーズに統一してます。
昔はワコーズ信者でしたのでエンジンオイルから全てワコーズを使ってました。
最近は違うメーカーを使ってますけどね。

ケミカル系は種類が豊富なのと、やっぱりWAKO'Sのロゴはレーシーなイメージでカッコいいです。
最近メンテナンスを怠っていたクランプですが、こないだバッチリ洗浄しておきました。

古い油分を飛ばすのと、メンテナンスシールを張る時にスロートを軽く拭くのには。
ワコーズBC-9 早乾性パーツクリーナー
2014009.jpg
このBC-9は低攻撃性ですので樹脂、ゴムに優しいと言うのが良いところ。ラケットのスロートをサッと拭く程度なら問題無いと言う判断で使ってます。

クランプやパーツの油分を綺麗に飛ばしたら、新しいオイルをさしておきます。
左から、チョッと良い貰い物のシリコングリース。
真ん中がワコーズの真骨頂、ラスペネ。
右が万能オイル メンテルーブ。
2014007.jpg
ラスペネとメンテルーブは錆止めにもなりますので適所に使用します。
クランプベースのクランプホルダーの中を磨いたり、色々です。
クランプレバーの稼動域とかには粘度の高いシリコン系のグリースを。コレだけワコーズでないのよね。

僕がワコーズスゲー!と思ったのは真ん中のラスペネ。
浸透潤滑油剤で防錆性、水置換性という優れものなんですね。ホームセンターのスプレーオイルの高性能版だと思っていただいて良いと思います。ちなみにメンテルーブはスプレーオイルとスプレーグリースの中間の位のオイル。

このラスペネをどんな時に使うかと言うと、焼けたマフラーのボルトを外す時などに抜群なんです。触媒とかエキマニとか。とにかく硬く緩まないネジを外すにはこのラスペネが一番です。浸透性が全然違います。
昔はよくお世話になったオイルですが、最近はそんなネジを緩める事もないので小さいボトルのミニタイプを非常用で置いてあります。

最後にシリコンオイル シリコンルブリカントSL
2014008.jpg
高品質シリコンで無溶剤タイプですので素材に優しい。
プラスチックやゴム、金属部品の保護ツヤ出し・滑走・潤滑・撥水など万能なスプレー。
オイルのようにべたつかないのでサラッと何にでも使えます。

ちなみに、ミラフィットの代わりにガットにスプレーしたらメチャクチャ滑りますよ。
一応、プラスチック、ナイロンにも攻撃性が無いので使って大丈夫だと思いますが試したい人は自己責任で。
釣りのラインにも代用されるようなんで問題ないでしょう。
僕はこのスプレーを何処に使うかと言うとマシンの外観を磨いたり、裏技としてはグロメットの穴に注しておくとテンションが抵抗少なく掛かるので、グロメットできしむラケットやガットの時は使う時がありますね。
でも施工が面倒なので、結局ミラフィットをガットに薄く付けてから張る事多いです。

今回は、あまり参考にならない情報でした!
[2014/02/18 01:31] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<綺麗にしてみよう!PART2 | ホーム | X-One Biphase 1.30 RED>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://harikichi.blog4.fc2.com/tb.php/325-8f5ef743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |