今週は多い+テンションの話
1


今週は梅雨だというのに張替え依頼が多いです。

週末苦しくならないよう昨日6本張っときました。まあ楽しい?のは2本までであとは仕事みたいな感覚になります。でもちゃんと丁寧に張ってますからご心配なく。

最近色々な方のラケット張りますがみなさんテンションはどうやって決められますか?
どうして店や張る人によって張りあがりが違うか考えてみたいと思います。

要素1 マシンの性能、メンテナンスによる機械誤差

最近は電動以外はお店で見かけなくなりましたが、自分が学生の頃はバネ式のマシンが主流だったと思います。その頃の周りのテンションは55P前後が多くなかったでしょうか。

機械式はテンションロスが大きい為、最近の電動マシンとはかなり違います。

電動で50Pで緩みとりながらシッカリ張ると結構硬いものですよ。

ちなみにHARI-KICHIマシンは去年トアルソン本社にて点検整備にだしましたし、テンションキャリブレータで定期的に状態確認しています。クランプ類も使用前には清掃、調整してますよー。

要素2 ストリンガーの問題(これが一番の原因)

難しい問題なのですが簡単にご説明します。

たとえば貴方がお店で50Pで注文したとした場合

*A店 メイン50 クロス50  *B店 メイン50 クロス48 *C店 メイン50 クロス45

というよに横糸のテンション調整はお店でかなりちがいます。これは簡単にいっているのですが張りのパターン、ラケット、ガットの種類、ストリンガーの考え、など不特定多数の条件から1本張上げるのに数回のマシンテンションの変更をします。(メイン、クロスとも)

またガットが折り返す部分にテンションをちゃんとかけているかも大きく左右します。

基本的になぜクロスのテンションを調整する必要があるかといゆうとラケットのを変形させない為なんですが何も考えず5ポンド落としと決めている店や、まったく落とさない店もあります。

どれが正しいかが無い世界(プレーヤーが決める事)なのですか、できるだけ変形させないようにするのが定説でしょう。

プロがメイン54P、クロス58Pで張っているのでそれと同じで張りたいと言う方もおられましたが、ラケットを支給してもらえ、1試合しか使わないプロは自分が勝てれば何でもOKなんです。耐久性なかったり折れてもぜんぜん平気でしょ。貴方のラケットめげたら嫌でしょ。といってます。

この問題はHARI-KICHIのようなホームストリンガーにはストリンギングの情報が限られる為、正確にはお答えできないのですが、持論をもち、色々考えながらやっております。半分趣味ですんで。

[2008/06/19 11:32] | ホームストリンガー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<RX-7 FC3C | ホーム | ハイブリッド>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://harikichi.blog4.fc2.com/tb.php/35-ad8457a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |